自治体IT化ランキング by UNZEN.JPさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05169

自治体IT化ランキング

カテゴリー
1-1.「デジタルの日」に催す企画
寄稿者
UNZEN.JPさん
投稿日時
コメント数
9コメント
評価P
7ポイント

年功序列の無能上司が過半数を占めるとされる自治体で、全国規模でIT化の進捗状況をランキングにしてデジタルの日に発表する。

こちらの投稿でもそのような意見が目立つので、やるべきかと思います。そもそも自治体、市町村の行政というものは決まり切った仕事を確実にこなしていればそれでよかった。しかし今は時代の要請で先進性も求められ、昭和の昇進方式では成立できなくなっている。問題は当事者にその自覚がないことで、自分がいる間はなんとかごまかし通して逃げ切ろう、という思惑も透けて見える。
本来、天皇の代理執行人としての重い責務と品格を求められているはずだった公務員は、戦後、天皇の権威が象徴化されたことでその精神的支柱を失い、コミュニズムに傾倒し自らを労働者と呼ぶようになり、特権労働者として甘い汁を吸うことだけを目的とした就職先に成り下がってしまった。(という意見もあります)
それはそれで良いとしても、現状ではこれら無能特権公務員によって日本のデジタル化、IT化は多大の損害を被っている。これを是正するには現状をランキング化して公開し、戦後の主権者である国民に開示することが必要だ。
どの自治体がITに力を入れどのような住民サービスを実現しているか、全てを公開し、遅れている自治体は人事を入れ替えることで組織内の流動性を高め効率的な組織再編成を促す。いわば「怠け者の尻を叩く」必要がある。
公務員は解雇できないが、能力や実績に応じた評価式「減給制度」も考慮・検討すべきだろう(昇給当たり前はもはや不合理)。無駄を許容するほど今日の日本は豊かではない。拒む者は主権者たる住民に告示すべし。必要であれば毎年自治体職員(管理職)の人事を住民の投票で決めるくらいの制度改革が必要だ。これはネットとデジタルで十分実現可能な直接民主制ではなかろうか。

「ずるい人」がいちばん恐れるのは「ずるがバレる」ことだから。

若い、先進的な(そして夢と献身性と意欲のある)公務員の皆様にがんばってもらいたいという気持ちだけで書きました。老害さんごめんなさい。

ページの先頭へ