飲食業支援はオーナー以外のバイトには他に仕事あればいい by yotarou3さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@05269

飲食業支援はオーナー以外のバイトには他に仕事あればいい

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
yotarou3さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
2ポイント

飲食店のオーナーにはその店って夢なんだよ。
だけどバイトにとっては他に仕事があればどうでもいいです。

 休業補償で飲食店にいくらか払ったでしょ。
だけど、バイトにとっては、他に仕事があればどうでもいい話です。
飲食店のバイトってそもそもが、給料が安いです。
政府がそのバイトより高い時給の仕事につける職業訓練を提供したら、
そっちを選びますよ。

 コロナ対応で多額の予算を割いてるようですけど、
大部分が、持続可能つまり、今後以前の事業を再開するために、
やってると思うんです。

 政治というのは、どこを守ってどこを捨てるという取捨選択で、
成り立ってると思います。DXでの誰も取り残さないというのは、
役所の手続きにまごつかない程度の話で、ついていけない人は、
まあまず出るでしょう。

 毎年3万人自殺者が出てるのに、みんなが活躍する社会があるのかというと、
僕は信じない。

 飲食業や旅館業が無駄だというわけじゃないですよ。
あ、旅館業も、当然アルバイトいるだろうし、その人達も、
それが自分の将来の夢というのはそれほどいないんじゃないかな。
でもホテルや旅館での格式高いところや、一流レストランで働いてるとか、
テーマパークのキャストとかはバイトでもそれが自己実現だと信じるなら、
それはあり得る考えです。

 だけど、居酒屋のバイトが俺の天職なんだと信じる人なんていないって。
そういうのだったら下積み積んで独立するんだと意気込む人で、
一生そこのバイトでいいんだという人なんていないでしょ。

 そう考えると金融緩和で、株バブル起こしただけの資金繰り政策って、
根本的に間違ってんじゃないのって思いました。
いっとき5月頃かな、飲食が自粛で冷え込んで不動産が落ち込みましたけど、
10月になったら金融緩和の煽りで一気に仕事が舞い込んだんだって。

 こういうのを見てたら何だこれって感じですよ。
僕はこれについては日本だけじゃなくて、世界中そんなふうになってんじゃないかなって、
思ってます。

 コロナで大変なのは飲食だけじゃないんだろうけど、他に仕事あれば、
バイトにはどうでもいいですし、なんていうか、居酒屋ばかり悪く言いますけど、
こき使うだけのブラック企業の代名詞みたいなものだから、
それを存続させることにどんだけの意味があるんだろうって。

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ