「みなさまのNHK」改革案(前向きな案) by UNZEN.JPさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05277

「みなさまのNHK」改革案(前向きな案)

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
UNZEN.JPさん
投稿日時
コメント数
10コメント
評価P
1ポイント

NHKに対する批判は、NHKを解体すると公約する政党まで出現したくらい高まっています。これはデジタル化・インターネットをもっと活用することによって日本の公共放送を正常化して、有意義な形で存続させるための提案です。

「みなさまのNHK」と言われていますが、これは言葉だけに終わってしまい、言い訳程度の響きしかないように思います。「NHKに対するご意見・ご要望」の窓口はありますが、電話・FAX・Eメール程度で、これは内容非公開(一部検閲済公開)であり「形だけ」に見えます。
これは全面的に公開して、批判も不満も真正面から受け付けて、率直に対応することが必要です。
私は今のNHKのやり方は大嫌いですが、NHKの番組の良さは全面的に支持しています。
なぜ嫌いかと申しますと、受信契約や徴収の際に部外の第三者を使って(雇用して)させている点です。私はその人に対してNHKへの要望など伝えましたが「自分は部外者なのでできません」と言われ、ここで視聴者の意思が途切れてしまい、NHKに伝わらない仕組みを(意図的に)作られてしまっています。トラブルを避けたいのでしょうが、余計な批判を発生させている土壌はこの仕組みにあると思っています。
最近は自動引き落としなど、直接家庭に出向いて交渉することも少なくなっているはずですから、この仕組みもなくなって行くと思われますが、そうであればこそインターネットを活用してNHKが視聴者の意見を吸収するための新しい仕組みを作るべきではないでしょうか。
批判・不満を恐れず真摯に受け止め、理不尽な要望や批判には毅然と対応し、国民とともにより良き公共放送のあり方を考え実現して行くサイトの設置を提案いたします。

基本的なイメージとしては放送された番組への直接の投票機能。良かった悪かっただけでなくその理由なども書いていただければ今後の参考になるでしょう。NHKは視聴者・受信契約者の意見を汲んで番組を作成する公共放送だという認識が浸透すれば、NHKの言う「みなさまのNHK」が、私たち国民にとっての「わたしたちのNHK」と言われる日が、きっと来るのではないかと思います。

そうすることで無理やり受信契約をさせなくても、喜んで国民から支援されるようなNHKになっていただきたいのです。

ちなみにこれはデジタル庁がNHKに指導・勧告すれば済むことなので、コストはかかりません。

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ