マイナンバーによる情報連携の仕組みに合わせた扶養認定制度の見直し by 便器株主さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@05343

マイナンバーによる情報連携の仕組みに合わせた扶養認定制度の見直し

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
便器株主さん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
1ポイント

①夫婦共同扶養に関する通知を廃止する。原則前年度の源泉徴収票により収入の高い方の扶養とする運用から、各保険者は被保険者でも被扶養者でもない者の個人情報を取得・保管している。
民法の同居、協力及び扶助の義務に鑑み、配偶者の収入確認は不要とすべきである。

②児童に関する各法を整理し、18歳未満の者の収入確認を不要とする。18歳未満でもFXなどを利用できるが、昼間学生であっても年間130万円稼ぐことは容易である。

③文科省が学生資格情報データセンターを管理し、学生資格情報を情報連携の枠組みに組み込む。

④労働基準監督署の情報「保険関係成立届」と「概算保険料申告書」の副本を情報連携の対象に追加し、パート・アルバイトの概算収入の捕捉を可能にする。

ページの先頭へ