全国の役所で使える「お役所ペイ」構想 by yamaさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05359

全国の役所で使える「お役所ペイ」構想

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
yamaさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
-2ポイント

住民票手数料の支払いや水道料の支払い、学校料金の支払い等、バーコード読み取りだけで行政の全ての支払いに使える「お役所ペイ」を開発してはどうだろうか。いやいやペイ乱立は反対、クレジット対応が先だろ、他社コード決済が先だろ、と意見もあるかもしれないが、まず職員等にバーコード決済に慣れてもらうという点で、身内で使えるコード決済が一つあった方がいいのかもしれない。スマホのアプリ形式にして、本人認証はマイナカードを読み取る事にすれば、マイナカード作成促進にもつながるだろう。チャージは不正防止のため現金のみとする。どういう形式で住民票を出すかなども事前にスマホにインプットさせておけば、バーコードを読むだけで職員の端末に出てきて窓口の待ち時間短縮に繋がる機能も追加できるなど、拡張性の余地もある。
現金チャージのみで身内でしか使えなかった「ファミペイ」もここまで大きくなったのだから、身内しか使えないのは利便性が低いという批判は覚悟の上で、始めてみてもいいのかもしれない。

ページの先頭へ