バラバラなシステムなのは顧客の要望を聞きすぎたから by yotarou3さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05373

バラバラなシステムなのは顧客の要望を聞きすぎたから

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
yotarou3さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
1ポイント

20年前もプロフェッショナルというのが持ち出されたし、
あの頃から大量生産からニッチ産業へということがビジネス書で、
かなりというか、大抵は一回は見たことあると思うよ。
大量に作るだけ作るんだという発想じゃないでしょ。

ある動画見たけど、コンサルの動画で、ビジネスで勝つにはというのがあって、
翌々考えてみるとシェアの独占なんですよ。注文を独占するか、特定のパーツを、
自分たちだけしか作れないとか。

ニッチ産業というのは、ラーメンだったらもっと味の違いを持ってくるとか、
そうやって、相手の需要を引き出すようなやり方なんだけど。

ハイテクというのは、性能の高さが売りで、一方で競争が激しいから、
陳腐になるつまり、すぐにおフルになってしまう。

日本企業は意思決定が遅いし、ニッチ産業にこだわって、
アメリカ的な勝ち方、つまりシェアの独占にこだわらなかったから、
GAFAのような企業ができなかった。googleのしてることをAmazonはしないし、
FacebookがすることをAppleはしないでしょ。

次に、ビジネスモデルの転換ができてない、googleとFacebookは、
広告で成り立ってるビジネスで、僕らは基本ただでつかってる。
これって、利用者と金払ってる人は別で、このビジネスがでかくなったのは、
ビジネスモデルに投資がついて規模がでかくできたから。

金貸しの見る目が腐ってから、画期的な会社が生まれない。

次に、日本企業は顧客第一主義に、利用者と広告の出し主言い換えると金主という、
ここに、つながりというのを確たるにしてるから、広告で食ってこうという、
発想にはならなかった。電通は違うけど、テレビでは直接視聴者の声は、
わからないけどYou Tubeはコンテンツダメでも声がわかる。それに、機械使って、
統計使って、相手が次動画を見るのをうまく誘導できるでしょ。
テレビってそういう機能ないじゃん。
テレビは面白ければいいなら、これ以上視聴者の声や考えを探る上では、
あまりうまくないから、そこに乗っかってる会社はだんだん、消費者の声って、
わからなくなるんじゃない。

なんていうか、考え方が画一的。GAFAみたいな会社にしたいなら、
ビジネス書読まないでニッチ産業ではなく、コンサル営業ではなくて、
殿様商売できる、ビジネスモデルを目指さなかったのがダメ。

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ