最優先はウィルス兵器の攻撃を防ぐシステム構築。 by 岡本設計さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@05393

最優先はウィルス兵器の攻撃を防ぐシステム構築。

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
岡本設計さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
1ポイント

◇行政の目的は、国家及び国民一人一人に安全、幸福、自由を常に提供し続けることである。
行政のデジタル化はその目的のためには必要である。中でも「安全」を提供するためのデジタル化は特に重要である。◇今回のコロナ感染症の教訓をもとに、普通に経済活動をしつつ、感染拡大を阻止するシステム構築が必要である。それは、悪意の有無にかかわらず、世界中で中国人及び中国関連の人々全ての行動履歴を監視追跡し続けるシステムである。◇コロナ感染症は中国で発生し、隔離出来なかった。その後、意図的に事実を隠し世界を道連れに蔓延させた。図らずも、この経験で 中国は、この種のウイルスが兵器として有効だと気が付いてしまった。今までの細菌兵器とは異なった毒性、潜伏期間、拡散方法、自国被害の制御方法等である。中国は、この種のウイルス兵器を活用し、いつでも自由に世界中を攻撃できる唯一の国家となった。◇中国の一都市で住民及び往来者にウィルス感染させ、その者たちを世界に解き放つ。その者たちが訪問した国々では感染爆発する。本国では強制的な封鎖隔離で感染を鎮静化させ最小限の被害で抑える。世界は、今回同様、深刻な、人的、経済的被害を長時間被ることになる。先進国であるはずの西側諸国でも、今回、感染症の蔓延を防ぐことができなかった。ワクチンや特効薬はすぐに用意することができなかった。蔓延後の強制的な隔離対策は、自国では成果をあげ、共産主義の優位性を自由主義国に見せつけることもできた。◇現在の中国の野望は、自国が世界の覇者になり、共産主義が自由主義を駆逐することである。このウィルス兵器は、使用開始が感知されないため反撃されない。非難もされない。すぐ使える兵器である。◇時期的には、今回のコロナ感染症が終息たころ。習近平が神格化される必要がある為、近い将来である。また、成果を確実にするためには、より高性能ものを、次々と繰り出し、何度も攻撃を行うであろう。世界は経済も、社会秩序は崩壊してしまう。その時、中国は、世界の覇者になり、好き放題の行為を行い、世界はウィグルや香港のようになってしまう。◇ウィルス攻撃を未然に防ぐシステム構築を西側諸国と協力し秘密裏に構築しなくてはならない。行政とデジタル技術と技術者を総動員してウィルス兵器による攻撃を防ぐシステム構築するのがデジタル庁の最優先の業務である。

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ