SDGsもDXも中身は一緒 by yotarou3さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@05443

SDGsもDXも中身は一緒

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
yotarou3さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
1ポイント

SDGガナンなのかわからないなら、DXでの働き方をマイルドにするとSDGsになります。

 日本はジェンダーギャップがあります。何が問題なのかはググればいいので、
ここで書くのやめます。達成できてないのはこれと、働き方ぐらい、
あとは、それなりと達成できますし、できてます。

 日本にとってこれの目標は国内にあるではなくて、対外投資してる企業に対しての、
ミッションということです。だからこれらって、実は、内政干渉の道具です。
インドだったら、あんたたち、トイレキレイにしないと病気はやるから掃除しろとか、
中国だったら石炭使うのやめろよなとか、アメリカだったら、もっとエネルギー節約しろとか、
そうやって、経済合理性に真っ向から対立するのがSDGsです。

 2000年になる前から、経済開発と環境汚染はずっと対立してました。
環境汚染をゼロにしながら経済開発をするというのがSDGsです。
日本でも公害がいくつも発生し、それを国が法律を持って規制をし、環境汚染の低い国を、
達成しました。このようなことを途上国並びに後進国に圧力をかけて達成させる。

 これだと、DXとSDGsの関連って見えないんじゃないかというのは、
貿易取引や投資などのルールを用いて情報や規格や文化などを用いて感化させて、
ようは、ルート開拓ですね。元請けと下請けの関係を作っちゃうと下請けって、
逆らえないでしょ。それと同じことを国ベースでやろうってのがSDGsです。
だからこれは、マイルドなDXなんですよ。

 働き方改革が、滞る一番単純かつ絶対的な理由は、余裕をもたせると効率さが、
両立できないからです。途上国の工場労働考えれば、どれだけ余裕を持たせない、
暇な時間を持たせないかが結果として工場労働の最適解になります。

 だから、うまい話があるように先進国にこの考えを進めるわけだけど、
だから、SDGsというのはモーレツ社員を否定してるんだよ。
途上国はモーレツ社員を作ることで経済成長が達成できる。
日本の勤勉さって海外では教育と同意程度の意味です。
だからこそ、SDGsの概念の質の高い教育をみんなにがわからないのでしょう。

 結果としてあり得るのが、投資の焦げ付きで金融商品がいくつか破綻する。
債務不履行における差し押さえ。今回の騒ぎでも金融緩和したけど、
サイレントメジャーって見向きされない

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ