賃貸・不動産・土地の情報のデジタル化と脱炭素社会にむけて by ひろトンさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05602

賃貸・不動産・土地の情報のデジタル化と脱炭素社会にむけて

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ひろトンさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
2ポイント

賃貸・不動産・土地の情報のデジタル化と脱炭素社会にむけて

 土地・建物を賃貸や売買したい場合、マイナンバーカードを利用して情報を見れるようにして欲しい
 売買契約・賃貸契約もデジタルで完結できるようにし欲しい

  対策 賃貸で土地・建物を貸したい場合は、必ずデジタル登録を義務化する
  効果 利用者の双方の利便性・流通の増大

 登録情報に脱炭素社会へむけた新たな項目を設ける

  対策 建物の売買・賃貸に関しては、建物の【C値とUa値】を調べ表示を義務化
  効果 中古物件でも、適切な設備投資をして脱炭素社会に即した状態になる

 建築物のC値とUa値をヨーロッパ並みの基準にする

  対策 すでにC値 0,2 Ua値 0.8 をクリアーしている建築会社が存在している
  効果 脱炭素社会にむけた省エネルギーで高断熱住宅で長寿命住宅になる
     長寿命住宅になると、建て替えやリフォームが減り脱炭素社会に貢献できる

 戸建て建築物の耐震等級3の義務化

  対策 建築基準を厳しくするだけでよい
  効果 耐震等級3をクリアーするための設備投資・研究費が必要となり内需を増やす
     地震に強くなる=倒壊しない=建て替えしなくていい=脱炭素社会に最適

以上、素人考えですが提案します。C値やUa値については、ユーチューブで検索するとすぐに動画がでてきます

ページの先頭へ