銀行の口座が休眠扱いになった時点で自動解約、マイナンバーに紐づけられた口座に入金する仕組み。 by M_Yoshijimaさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@05646

銀行の口座が休眠扱いになった時点で自動解約、マイナンバーに紐づけられた口座に入金する仕組み。

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
M_Yoshijimaさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
3ポイント

タイトルそのままですが、
休眠口座が問題になっていて、
口座維持手数料を取るとまで話題になっています。

引っ越しなどで直接解約に行けない場合も多いでしょうし、
通帳を紛失したり忘れたり無くしたり、
同様に判子に問題が発生したりと
解約も難しい場合があります。

そこで、マイナンバーを活用して
解約出来る様にする仕組みを作ればと考えました。
口座に残高がある場合に
休眠扱いになった時点で自動で解約されて、
マイナンバーに紐づけられた口座に振り込まれる。
振込手数料分を口座開設一時金としておけば銀行も取りっぱぐれがない。
休眠口座を悪用されない為にも自動化はアリではないでしょうか。
マイナンバーに紐づける金融機関は、
確実に受け取る事が出来る口座にしているでしょうから。
自動解約を悪用される場合もあるので、
マイナンバーに紐づけられてる口座のみとする形に。
お金の流れが国は見えるので、
問題が出た際に追跡もし易いでしょう。

ページの先頭へ