意見募集サイトの統合 by OoTotさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@05654

意見募集サイトの統合

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
OoTotさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
2ポイント

「デジタル改革アイデアボックス」なのか、
「縦割り110番」なのか、
「パブリックコメント」なのか、
「行政相談」なのか、
政府として国民の意見を受け止める窓口を一本化してください。

この「デジタル改革アイデアボックス」は
自由度が高いものの、
提案が実現する見通しもなく、
したがって参加者も少なく、
盛り上がっているようには全然見えません。

逆に「縦割り110番」は
大臣人気で意見が集中して受付停止になりましたが、
意見集約機能がないため、
当然に予想される展開だと思います。
また、行政側の回答もお座なりで
国民の意見を聞いて手続を変えようとする意欲が感じられません。

この2つの窓口を比較するだけでも、
「アイデアボックス」は中の人の人海戦術で成り立っていて、
「行政110番」は参加者の言いっぱなしで終わっている
対照的な構図になっています。

したがって、この2つを統合して
「アイデアボックス」の中の人が「行政110番」の交通整理をするだけでも、
「行政110番」は持続可能な意見募集が出来、
「アイデアボックス」のような俯瞰的な意見集約が出来ると考えます。

「パブリックコメント」の問題点は
論点・回答する意見の選択・回答の内容すべてが一方通行になるため、
役所にとって不都合なことは誤魔化されてしまうことです。
以前、「条文の規定が明確でないから」との理由で省令が改正された際、
「それは読み方が間違っているからで、改正前のほうが正しい」
と指摘しても、全く取り合ってもらえませんでした。
現在も間違った省令のままで、実務と乖離した規定になっています。
したがって、「パブリックコメント」の制度についても
「アイデアボックス」や「行政110番」と同様の仲介者を介在させるべきです。

「行政相談」は行政評価局の担当者が間に入ることで
具体的な解決ができる制度ですが、
制度自体を変えることはほぼ不可能ですし、
担当者によってはただの「意見」として回答されないこともあります。
しかし、そのような「意見」こそ
「アイデアボックス」や「行政110番」で求めているもののはずであり、
これが活用されないのは社会全体にとって非効率です。
また、すでに年間10万20万件を処理している実績とマンパワーは
仲介者として中心的役割を担えると考えます。

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ