終始雇用、年功序列、退職金制度も公務員含め徐々にやめて開放型の社会にすべき by ITkaizennさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@05723

終始雇用、年功序列、退職金制度も公務員含め徐々にやめて開放型の社会にすべき

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ITkaizennさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
5ポイント

終身雇用は限界らしいです。年金も退職金も貰えるのかさえ分からなくなっています。若い時極端に給与が低く、後は退職金もらうまで会社にしがみつくような年功序列、終身雇用といった閉鎖型任用制を徐々にやめていかないとIT進まないし、競争力も弱くなると思います。年功序列だと転職すると圧倒的に不利なので、先端技術を追い求めて流動的に働く人が最終的に不利となり、能力ある人が能力無い人の下で働くようなこととなり、効率も悪くなります。
アメリカ等多くの国と同じように転職当たり前で逆に解雇規制も許いような開放型の、組織に依存しない実力主義にしていかないとジリ貧だと思います。
公務員も転職当たり前、入り変え当たり前なら時代に効率的に対応していける気がします。

ページの先頭へ