安定、安泰、特権が国を弱くする。デジタル強国にするため聖域を減らし実力主義社会にしてほしい。 by ITkaizennさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05747

安定、安泰、特権が国を弱くする。デジタル強国にするため聖域を減らし実力主義社会にしてほしい。

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ITkaizennさん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
3ポイント

基本的に安定してるとこ、働かなくても給与上がってくし首にもならないとか、法で守られた安定した組織等、競争の無い安定した所って、本来あってはならない思います。若い時一度試験に受かったらそれで将来安泰だとすれば、その後努力や競争をしなくたって生活できることになってしまいます。

そのような場所をなくすと同時に途中で競争に敗れたとしても何歳からでも努力すれば、またチャンスがあるようにしていくべきだと思います。

アメリカは日本より解雇規制がずっとゆるく、公務員も中途採用メインで、入ったとしても大体2年位で他の会社等に転職していく人が多いみたいです。

ITのように他の業種より何倍も技術革新が早いところで勝負するには、競争力に特化した社会構造に変えてかないと、マイナンバーカードだって普及した時には既に時代遅れのものとなっているかもしれません。

デジタル庁には年功序列や安泰、特権の中でさぼることをゆるさず、努力する者が報われるような競争力ある社会構造に変えていってほしいです。

ページの先頭へ