看護師等、病院の従事者不足の解消として、常時各種測定の収集する作業をマンパワーから自動化へ by h20210101さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05755

看護師等、病院の従事者不足の解消として、常時各種測定の収集する作業をマンパワーから自動化へ

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
h20210101さん
投稿日時
コメント数
0コメント
評価P
3ポイント

以下もう少し詳しいアイデアです。
・常時各種測定の収集する仕組み
 定期的に看護師が常時各種の測定をしていると思います。身体にセンサーを付けることで異常時に自動的にアラートが発信され、対応できる仕組みがあれば、定期的な見回りは軽減できると思います。
 この仕組みを簡易にしたものをホテルや自宅療養の方にもつけることで、急変時の対応もしやすくなるかと思います。
 将来的には希望する全国民が就寝時や機能を落として日常生活に身につける形にし、緊急時にアラートを出す仕組みがあれば、時間が不足しての救えない命が助かると思いました。
 この仕組みを通して収集したビックデータから、体調が急変する人、将来体調が悪くなるリスクがある人をAIで洗い出し、早期検査と地長をすることで、①救える命を増やす、②医療従事者の負担を軽減、③病気の早期発見早期地長による社会福祉の予算の削減が見込めると思います。

まずは国立病院などから開始し、どんどん広げていたらよいのではないかと思いました。

ページの先頭へ