DX推進チームという新たな縦割り組織 by m2_701さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@05773

DX推進チームという新たな縦割り組織

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
m2_701さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
4ポイント

基礎自治体の職員です。
おそらく今後、自治体DX推進の流れで、各団体に大なり小なりの規模の「DX推進チーム」が設けられ
DX推進チームにある程度の権限をもたせ、そこが主体となって、各所管部署がこれまで個別最適で整備してきた情報システムの刷新などの動きが行われることになると思います。

もちろん改革(創造的破壊)を進めていくうえで推進組織が必須と考えますが、DX推進チームが新たな縦割りの要因になる懸念もあります。

たとえば、所管部署で個別に行っていた情報システム調達にもDX推進チームの介入が入る分、スピード感を失う可能性もあるし、逆に専化したDX推進チームに依存しすぎると、担当部署はDXどころか担当業務システムの仕様や運用にもいままで以上に無関心になってしまうリスクがあります。


そのあたりの懸念払拭はDX推進チームの力量次第、といってしまえばそれまでですが
・過去にも、情報システム調達等の所管について一元化と分散化の繰り返しの歴史があった
・DX推進チームについて、立ち上げ時は人材・予算である程度施されると思うが、おそらく以降は縮小する一方で拡充は期待できない

という中で、将来的に新たな縦割りを残したという結果にならないよう、ごめんなさい、これといった提言ではないのですが、
組織や取り組みに関するベストプラクティスなどを具体的に示してもらいたいです。

ページの先頭へ