公務員のIncentive向上 by Dさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05814

公務員のIncentive向上

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
Dさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
2ポイント

公務員のIncentive向上
国(国会)が各省庁の仕事の価値を査定し必要経費のみを国庫(税金)から配分する。
各省庁は1民間企業と同様にその配分内で全ての経費(人件費、給料、ボーナス等)を決定させ遣り繰りさせる。
公務員の給料体系(年功序列、終身雇用)にとらわれず、優秀であれば給料もボーナスも上がる。
各省長官への人事異動を流動的にし、優秀であれば更に価値の高い(高給の)省庁の業務へ移動する事も可能にする。
人事評価によってはその逆もある。
人事評価を見える化し、本当に努力し成果を上げている人と、税金泥棒を明確に分け公務員のMotivation、Incentive向上を図らせる。
担当長官、閣僚及び官僚が1民間企業の経営陣(CEO、役員)と同様に、方針、目標を決定し、組織運営させる。
各省庁には民間の株式会社と同様に4半期毎に収支報告(血税の使われ方、成果)を公開させる。

ページの先頭へ