マイナンバーカードの健康保険証としての活用にあたって by (ま)さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05822

マイナンバーカードの健康保険証としての活用にあたって

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
(ま)さん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
5ポイント

マインバーカードを健康保険証として活用するとの報道がありますが、より一層のマイナンバーカードの利用促進のため、利用者の利便性を向上し「デジタル化」の恩恵を国民が実感しやすくするため、以下を提案します。

1) 保険証としてマイナンバーカードを提示した際には医療費支払い記録が自動的に記録されること
2) 関連交通費等を申告しない場合は、前項の金額が自動的に医療控除として計算されること(自由診療の場合もカードを提示されることで記録される→支払い記録の公正化)
3) (オプション施策1) 保険証としてのマイナンバーカードの取得・利用促進のため、マイナンバーカード利用者は当面(数年間期間限定で)医療費控除のマイナス10万円を0円とすること
4) (オプション施策2) 生命保険、医療保険掛け金についてもマイナンバーと連携し、掛け金の控除、支払時の所得も連携して計算書(確定申告基礎資料)が作れること

こうした「デジタル化」メリットを提示することで、国民の多くを占める所得がガラス張りとなっているサラリーマン・年金生活者層の支持を得られるのではないかと思います。

さらに、確定申告の自動化を進めれば、還付金の銀行口座のマイナンバーカードへの紐付けについても理解が得られるのではないかと考えます。

ページの先頭へ