自治体からの通知における紙媒体の廃止 by うずしおさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@05927

自治体からの通知における紙媒体の廃止

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
うずしおさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
4ポイント

毎年自治体から様々な通知が紙媒体で届いているが、下記のようなデメリットがあると考える。
・配送ミス等による紛失の可能性
・受取後に(誤って)廃棄する可能性
・(逆に)今後必要とならない可能性が高いのに、もしものときのために廃棄できない。
・ファイリングによる書棚スペースの減少
・書類が必要な際に検索性がない(大量に書類がある場合に、必要な通知が見つからない。)

上記より、自治体からの通知はすべてマイナポータル上に通知し、WEBやアプリ上ですべて検索できるようにすべきだと考える。
これにより、紙資料の印刷費や配送費が削減されるとともに、即時的に通知が可能となり利便性は向上すると考える。また、各通知にIDを付与しておけば、自治体に問い合わせする際にどの通知に対する問い合わせかどうかの認識齟齬の可能性が低くなるのではないか。

なお、当然のことながらメールでの通知は情報漏洩・誤配信の可能性、またアドレス自体の有効性が担保できないのでオンライン上のプラットフォームにアクセスする方式が良いと考える。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ