国全体をデジタルツインでバーチャル化するシンガポール by mitunari2050さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@06039

国全体をデジタルツインでバーチャル化するシンガポール

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
mitunari2050さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
3ポイント

<<知識>>デジタルツインとは
物理世界(現実世界)に実在しているものを、デジタル空間でリアルに表現したものを指します。 現実世界の仕組みや稼働状況などをデジタル空間に構築し、リアルなシミュレーションを可能にする技術です。 IoTが普及し、あらゆるモノのデータ取得が可能になったことで、デジタルツインの技術も飛躍的に進化・・・
***
<<事例>>「バーチャル・シンガポール」では、シンガポール全土の地形情報や建築物、さらには交通機関などの社会インフラに関する情報までを統合し、バーチャル空間上に3Dモデルとして再現し、さらにその3Dモデルに各種のリアルタイムデータ(交通情報、車・ヒトの位置情報など)を統合し、「都市のデジタルツイン」を実現しようとしています。
バーチャル空間上で国土のみでなく空間も含めた最適な利用シミュレーションを行い、現実世界にフィードバックすることで、国家資産である国土や空間、社会インフラなどの最適な配置や利用を目指す取り組みです。
シンガポールは2014年に「スマート国家(Smart Nation)」構想を打ち出し、デジタル技術を活用して住みやすい社会をつくるという理想を掲げています。
その実現に向けて、国土に関する情報のデジタル化と、各種センサーの整備を進めています。「都市のデジタルツイン」によって、各インフラを整備する計画の立案や、太陽光発電パネルの設置場所の検討、アクセシビリティの改善、渋滞の解消や公共交通機関の改善といった利用法が示されています。
今後「バーチャル・シンガポール」の情報を民間へ開放することも計画されており、そうなればよりユニークな活用法が提案されることでしょう。
**
こなると
{デジタル庁:2021年(令和3年)9月1日に設置される予定の日本の行政機関のひとつであり、 国・地方行政のIT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を目的とした、IT分野を担当する省庁}
に対する国民の期待は高まるばかり・・
**
しかし、一日は24時間!

そこで、本人(消費者)が{「自助(自己資金)」+「共助(支援資金:経済成長やSDGsに資する消費を支援)」}で
「決済(支払)」する「消費倍増計画」では

アバターが「1/1のバーチャル地図空間」を夜な夜な徘徊して買物や美術館入場等々の仮契約!

最終的には「本人認証」で契約成立!

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ