公務員の宿命である泊まり勤務についてはテレワークで撲滅できないか by ITkaizennさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@06066

公務員の宿命である泊まり勤務についてはテレワークで撲滅できないか

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ITkaizennさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
0ポイント

公務員に泊まり勤務は宿命だ。行政職は月1程度もしれないが公安職なんかは月5,6回あるとも聞く。畳の部屋でお布団をかわりばんこに共有して寝なくはならない。もちろん振替休日も無い。一晩お風呂に入れない場合だってある。これはこれで労基法どうなんだとも思うが、この問題はデジタルで解決できる可能性がある。町にもよるだろうが殆ど仕事が無いのだ。地方公務員であれば働いている町に住むことを半ば強制されている場合が多い。つまりなんかあったら家から駆けつけることができるわけで、テレワークみたいな形にできるんではなかろうか。殆ど電話かかってこない小さな畳の部屋に上司と二人っきりで一夜を過ごすなんて罰ゲームでしかない。

ページの先頭へ