データは変換テーブルでがっちゃんこ by 便器株主さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディア番号
@06087

データは変換テーブルでがっちゃんこ

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
便器株主さん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
3ポイント

データは変換テーブルでがっちゃんこ

マイナンバーでコロナウイルスワクチン接種の記録を管理するそうなので、気になっていた問題を指摘します。データの不備はこの際国が変換テーブルでがっちゃんこして一気に直してしまいましょう。

郵便番号住所と住民票住所もそうですがデータなんですから、管理者ごとでちまちま修正する(させる)のではなく、変換テーブルでがっちゃんこするべきです。

もう少し具体的に書きますと…守秘義務に触れない程度に書きますとJ-LISの氏名にはたぶん間違いがあります。

システムの仕様を見る限り、見た目が似ているカタカナの「カ、ハ、ニ、エ、ロ」と漢字のチェックは自動ではかかっ
ていないのではないでしょうか?

もしかかっていたらすみません。自動チェック機能がない限り、低い確率で間違いが発生します。

ページの先頭へ