マイナンバーカードの取得とDNA情報の提出義務化、両者の紐付けはデジタル先進国を目指す上でマストだ by ITkaizennさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06126

マイナンバーカードの取得とDNA情報の提出義務化、両者の紐付けはデジタル先進国を目指す上でマストだ

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ITkaizennさん
投稿日時
コメント数
7コメント
評価P
0ポイント

マイナンバーカードとDNA情報の紐付けはマストだ。
これで犯罪は激減する。髪の毛一本落としたら即バレなわけだから当然犯罪は激減し、世間に平和と安全、安心がもたらされる。
更に全国民のDNA情報データベースはゲノム医療研究等にも役立たせることができる。
DNAは最終的にマイナンバーと本人自身を結びつけるキーとなるもので、この結びつきがあって初めてマイナンバーは文字通り私の番号となり、マイナンバーカードシステムは一応完成したと言うことができると思う。
ただ最終的に目指すゴール地点としてはマイナンバーの体内埋め込みによるデジタルと人の完全融合化、一体化であろう。
それができて初めて本物のマイナンバーとなるのかもしれない

ここまで来たとき、日本は比類なきデジタル先進国となっているはずだ。

ページの先頭へ