安全確保支援士の見直し案 by ITkaizennさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06131

安全確保支援士の見直し案

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ITkaizennさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
8ポイント

安全確保支援士がとりあえず3年で約15万の維持費やその他もろもろの時間や労力がかかるのに業務独占資格でないことからデメリットが大きい状態が続いています。
今は未登録にさえしとけば何年経っても一応登録できるというある意味謎な状態が続いていますが、これほっといたらそのうち未登録増えすぎて登録しなかったら2年で登録資格失効で再受験みたいになると危惧しています。セキュリティが重要だからセキスペから格上げしたのだから最低でも
企業に安全確保支援士必置化
一部セキュリティ関連業務を安全確保支援士で独占
は妥当だと思います。それができないなら
セキスペに戻して合格者はセキスペの資格が手に入る。
更にセキスペに合格した者は諸費用を払うことでいつでも安全確保支援士に登録できる。
安全確保支援士の登録、脱退はセキスペの資格さえあればいつでも自由にできる。
の方がよほど受験者も増えて良いと思います。
現状会社によってですが、安全確保支援士に登録したとしても毎月の資格手当が当たらないといった場合、登録しないことを選択するんですが、そうすると試験には合格したものの資格を取得したと会社に認定されないから結局受験料も出してもらえなかったという最悪の状態になっている人もいます。
なんとか先の案のようにして頂けないでしょうか。

ページの先頭へ