ハンコ自体に電子証明書を組み込んでデジタル化したら良いのではないだろうか by ITkaizennさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06335

ハンコ自体に電子証明書を組み込んでデジタル化したら良いのではないだろうか

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ITkaizennさん
投稿日時
コメント数
7コメント
評価P
0ポイント

完全なる脱ハンコはおそらく不可能だし脱ハンコ自体時間がかかる。であるから電子証明書内装型の印鑑を作り、アナログ、デジタル両方に対応でき更にその両方を融合させることもできるハンコにすれば良いのではないだろうか。
ハンコには電子証明書が入っており、電子化された書類に対しては読み取り装置にハンコを近づかせればピロンと認証されて本人が印鑑を押したのと同じ効果になる。そして電子化されていない紙の書類にも普通に印鑑を押せる。重要書類についてはその両方を要求することも可能。更にマイナンバーと連動させることで印鑑証明も不要となる。ハンコの所持による認証と他の認証を合わせた2要素認証にも対応させやすい。印鑑の唯一性を活かしトークン発行機能をもたせれば印鑑の可能性とフィールド、そして間口が広がる。セキュリティと利便性が高度に融合された最強ハンコが出来上がりハンコを中心としたデジタルトランスフォーメーションが巻き起こる。ハンコは日本人の誇りであり古き良き文化であるのだから誇りを捨てるのではなく、より大きく成長させ、育てた方が良いのは当たり前だ。





最終修正 2021/2/11 15:43

ページの先頭へ