マイナンバーカードをOS標準対応に by aetosさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06384

マイナンバーカードをOS標準対応に

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
aetosさん
投稿日時
コメント数
4コメント
評価P
4ポイント

こちらの記事をご覧ください。
https://comemo.nikkei.com/n/n1c9103c81c79

この部分です。

--------引用ここから--------
問題はブラウザから非標準的な方法でICカードリーダーを叩いていることである。マイナンバーカードをOSとブラウザが標準サポートすれば問題なく、米国政府の身分証規格であるPIVにはWindowsもMacもOSレベルで対応している。2015年頃からその可能性について古巣に探りを入れたところ、利クラに含まれるLegacy CSPというドライバのままでは難しく、最新のドライバモデルで書き直せば将来のOSバージョンアップでEdgeブラウザから読めるようになるかも知れないといった感触を得た。ICカードの特定領域に決められたメタデータを埋め込んでおけば、カードを挿しただけでドライバを読み込むこともできる。とはいえ既に1000万枚以上を配ったカードの仕様変更などできるはずもなく、(以下略)
--------引用ここまで--------

日本のマイナンバーカードもこうなるべきではないでしょうか。

私も「ブラウザ拡張機能を 2 つも 3 つも入れさせるな」という提案を立てていますが、OS 標準になれば一つも要らなくなります。

ブラウザ拡張だけでなく、実際にカードの読み取りを担当するクライアントソフトも、マイナポータルのものと e-Tax のもので 2 つインストールされています。
https://ideabox.cio.go.jp/ja/idea/06198/

「既に1000万枚以上を配ったカードの仕様変更などできるはずもない」なんてことはないでしょう。
だってマイナンバーカードには 10 年の有効期限があるんですから、誰もが新しいカードに交換するタイミングが必ず来る。
そのタイミングで新しい仕様のものを配布すればよいのではありませんか。

私のマイナンバーカードの有効期限は 2025 年です。あと 4 年、なんとか頑張ってほしいと思います。

ページの先頭へ