相続税法58条通知書について by ジェムさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06461

相続税法58条通知書について

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ジェムさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
7ポイント

現在市町村から税務署に送られる「相続税法58条通知書」は自治体ごとに様式がバラバラで大量の紙を使って
郵便と手作業で事務処理がなされています。これに対してまず、共通様式化を検討してはいかがでしょう。
可能ならば、マイナンバーを利用したシステム構築により、送付業務をデジタル化すれば事務の効率化、正確性の向上に
大きく資するはずです。現状では完全にアナログで、無駄な労力を市町村、税務署ともに行っております。
市町村の死亡届、課税情報から通知書を作成するところはマイナンバーで省力化できるはずです。
あとは電子的にそれを必要とする税務署の資産部門が閲覧できるようにデータで送れば良いと思います。

ページの先頭へ