非プログラマーとプログラマーの間に新たな職域を作れば良いんじゃないか。 by ITkaizennさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06476

非プログラマーとプログラマーの間に新たな職域を作れば良いんじゃないか。

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
ITkaizennさん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
1ポイント

ローコード若しくはノーコード技術が成熟してきている。
プログラマーは専門性が高く、学習コストが掛かる上にプログラミングにも時間が掛かる。
しかし世の中の多くの問題をITで解決するためにプログラマーだけでプログラミングするには限界があるし非効率的だ。
そこで、より学習コストが低く開発速度に重点を置いたノーコード若しくはローコードでのプログラミング専門家、言うなればノーコードプログラマーが必要ではなかろうか。
複雑なことはプログラマーが担当するが、その他の多くの簡単な事務や定型的な事務はノーコードプログラマーが担当し、役割分担すればIT化が爆発的速度で進むのではなかろうか。

ページの先頭へ