未利用の空き家活用(職・住近接による通勤抑制) by のんびり暇太郎さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06628

未利用の空き家活用(職・住近接による通勤抑制)

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
のんびり暇太郎さん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
5ポイント

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が継続していても、通勤時の混雑は解消されておりません。
理由はテレワークにも限界が在る&そもそも家でテレワークが出来ない等の問題があるからです。
なので、
政府は全国のIT企業・スタートアップ企業と協力・調整して、
通勤抑制の為に、全国の自治体の重荷となっている
未利用の空き家(都市部・郊外問わず)を改修し
サテライトオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース等として活用すべきだと思います。

現在、全国のホテル・宿屋・居酒屋等の一部がオフィス化しておりますが、住宅地からやや距離が有るパターンが多いと思います。

空き家は住宅地に有る場合が多く、住宅地にオフィスが有る事により、「職・住近接」「職・住融合」を前に進め、通勤の短縮・消滅を図る事が出来ると思います。

そして各企業がやるべきは、テレワークをしている人に対し、通勤手当をテレワーク手当に変更するといった、企業の構造をテレワークを維持するための物に変更する事だと思います。

ページの先頭へ