それでもPDCAは回っている by うぃずさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06638

それでもPDCAは回っている

カテゴリー
9-1.管理室
寄稿者
うぃずさん
投稿日時
コメント数
6コメント
評価P
1ポイント

アイデアではないですが、識者がアイデアボックス外で指摘していそうなことを、ざっとまとめてみます。

・自社のやり方を変えずに、システムを自社のやり方に合うように作る
 →多くの大企業が平成で通った、約束された失敗の道
 →必要なのは、大規模法改正+システム作成、である

・令和時代では、外注開発は大体失敗する
 →アメリカのワクチン予約システムェ・・・

・令和時代では、外注開発で高度なシステムが成功していない
 →エンジニアチームを自前で持つべき
 →GAFAMを始めとして、成功しているサービスは自社内にチームを持っているのが当然
 →「官庁だから」外注開発でも成功する、は通じない。(非科学的)

・そもそもデジタル庁の近々の内容が、完全に大手ベンダーへの外注ありきな案件
 →今までさんざん失敗してきてるのに、なぜ小さなものから始めず大きなものに挑戦するのか
 →ノウハウというものすら知らないのか、非科学的な自信なのか

・政府全体が大バッシングを受けてる状態で、肝いりだの絶対成功だの、挙句の果てに初手大規模と、ハードル上げ過ぎ
 →根拠もない

・デジタル庁を作るというのに、常在エンジニアなし?
 →専門家のいない専門庁とは一体・・・
 →ソフトウェアは作ったら終わりという30年前の認識なのか・・・?

・デジタル庁の設立過程も、設立後も、透明性に言及なし
 →デジタルを活用しない設立とは一体・・・

・民間はどうなるのか。政府だけデジタル化に成功し、民間に向かって「政府はやったのに民間はまだなの? 所詮民民の問題」とマウント取りたいだけなのか
 →デジタル化のお手本となるべく、詳しくノウハウを民間に提供するとか、そういうことはしないのか

・デジタル庁は10年先から日本を引っ張る存在であるべきでは?
 →セキュリティガイドラインの民間・国民への提供
 →国内企業のデジタル活用の目標ロードマップ、支援計画、スケジュールとか

・そもそも「あなたと創るデジタル社会」とは何なのか
 →碌な説明もないアイデアボックス
 →意見採用の基準も密室決議
 →どんな意見を想定しているのかも不明
 →官庁内で意見がどう流れて、どう国民に還元されるのか
 →パブリックコメント並みの「これやって何が起きるの?」状態
 →識者の意見と素人の意見が同一視される(何をもって「有用」?)

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ