今なら!!マイナンバーカードをお持ちの方に抽選で毎月「1億円」プレゼント!! by 楽土さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06670

今なら!!マイナンバーカードをお持ちの方に抽選で毎月「1億円」プレゼント!!

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
楽土さん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
1ポイント

マイナンバーカードの普及率が現状25%と相変わらず低いです。そこで普及案を考えました。タイトルに書いているようにマイナンバーカード保有者に抽選で1名に毎月1億円プレゼントするキャンペーンを行えばよいのです。マイナンバーカード普及メリットがあれば年間12億円程度なら国民にばらまけられることも同時に発表できます。「令和2年度総務省所管第3次補正予算(案)」にマイナンバーカードの普及・利活用の促進 の為に1300億円の予算を計上しておりそのうち「マイナンバーカードの普及に係る対応策強化」 には1000億円を計上しています。それに比べれば年12億円は1%程度です。金額だけで言えば100年続けられます。マイナンバーカード普及の為に有名人を使いCM作ったり、しょうもない漫画を描いていましたがあんな効果がない物よりも効果があります。他にもマイナポイント付与のための予算は2500億円があるはずですがそれの余りも財源に使えます。また、普及以外の副産物として出生率の増加もあります。子供がいればそれだけ世帯としての当選率が上がります。こう言うと子供をモノするきか、金欲しさに子供を作って育てないバカ親が続出すると騒ぐ方々がいますが、理由はともあれ子供が出来れば愛情が湧き大事に育てるはずです。もしモノ扱いし虐待等に走れば傷害致死や殺人罪の現行法で対応できます。また、国が金をばらまけば真面目に働かなくなるという意見をだす方もいますが1/1億の確立で働かないのなら宝くじも禁止すべきです。そもそも「真面目に働く」とは何でしょうか。デジタル化が進み社会は大きく変化しています。10年前ネット動画、サブスクで莫大な収益を上げることが考えられたでしょうか。そんなことを言えばバカなことを言わずに「真面目に働け」と返されたでしょう。話はそれましたがこのアイデアは最も公平で安価なマイナンバーカード普及にアイデアです。

ページの先頭へ