国とスタートアップ企業が急いでデジタルトランスフォーメーションを考えていく必要があると思います by 藤井毅さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06703

国とスタートアップ企業が急いでデジタルトランスフォーメーションを考えていく必要があると思います

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
藤井毅さん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
3ポイント

AIなども重要なのですが、まずはエントリーレベルの話として足元の技術として全米上位500社の企業では8割以上の企業が既にエンタープライズソ-シャルを利用して縦割りを打破したりリモートワークの体制を構築されています。菅首相は、2020年10月の「デジタル庁」の創設で「各省庁や自治体の縦割りを打破し、行政のデジタル化を進めます」と発表していますが、政府は縦割りを打破するために急いでエンタープライズソーシャルなど導入していく必要があると思います。クラブハウスもそうですが、体験して活用してみないとその正しい使い道や本当の理解ができないと思います。

今、日本のリモートワークは現状なかなか進んでいません。一方、メディアなどを見ていますと西村経済再生担当相は企業へリモートワークを進めてくれと提言しています。コロナウィルスの変異種が次々でてくる中、感染症との闘いは今後5年~10年の長期戦になる可能性も高いと思われます。一方、消費税増税とコロナ禍で経営が厳しくなり、リストラをしており、IT投資さえできない企業が増えています。

アメリカや韓国を見てきても国家戦略とスタートアップ企業が力をあわせています。日本は相当IT後進国になりつつあるので個人的には国と企業が急いでデジタルトランスフォーメーションを考えていく必要があると思います。

また、あまり詳しくない方が海外のサービスを使うことを提唱していたりもしますが、セキュリティ面でその国の企業に機密情報が流れている観点が抜けており、政府関係者の話を聞いているとたまに不安になることもあります。

ページの先頭へ