現在のマイナンバーカードのCMの視覚情報が少ない(マイナ普及CM案) by 雪見餅さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06713

現在のマイナンバーカードのCMの視覚情報が少ない(マイナ普及CM案)

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
雪見餅さん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
3ポイント

現在のCMの構成は、人がたくさんいて一つの部屋の中で話し合っている内容です。

しかし、これでは人々が堺雅人の説明に納得しているイメージしか伝えられないので、具体的にどういう状況でマイナンバーカードが役立つのか、視覚的に伝わりにくいです。

そこで具体案として、例えば国民Aがマイナンバーカードを持って郵便局に行き、郵便局の中でマイナポータルを通して、マイナンバーカードの使い方インストラクターである堺雅人が、その国民Aのマイナンバーカードをマイナポータルを通してどうやって活用できるのかその使い方を教える、という構成のCMを作ることを提案します。

もちろん、どうやって家の中で、スマホからマイナポータルを通してマイナンバーカードを使うのか、家の中に突然、マイナンバーカードインストラクターである堺雅人が現れて丁寧に教えてくれる、というCM構成も考えられます。

このように、マイナンバーカードの使い方のチュートリアル映像(例えばゲームのチュートリアルのような映像)を、テレビCMでは流した上で、その行動がどういうメリットにつながるのかキャッチフレーズ的な短い言葉で表現すれば(例えば「マイナンバーカードで手続きの手間が最大10倍解消!!」など)、マイナンバーカードのメリットが伝わりやすいと思います。




最終修正 2021/3/22 20:05

ページの先頭へ