サイバー犯罪におとり捜査を許可する法改正としくみ作り by 北本安範さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06823

サイバー犯罪におとり捜査を許可する法改正としくみ作り

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
北本安範さん
投稿日時
コメント数
13コメント
評価P
5ポイント

日本の犯罪に対する検挙率は諸外国に比べて高いと思います。しかし、サイバー犯罪は実証できない、発覚し辛い点で蚊帳の外だと想像する。
アイデアはおとり以下通りです。
・おとり捜査を許可する法改正を行う。
・犯罪者の知的好奇心をくすぶり、自らのハッキング等でダミーのマネーを握らせる。このマネーはトレースができて関係者を根絶やしにできるしくみを持つ。マネーロンダリングを許さないしくみがいる。オレオレ詐欺(言い方が古い?)にも有効だと思う。
・目的はバレなければ、サイバー上は何でもありの風潮をさせない取り組みで厳罰や再発防止の監視を許可する。
・捜査する組織のリテラシーへの配慮もいる。

ページの先頭へ