このムズかしい成果に説明を! by うぃずさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@06938

このムズかしい成果に説明を!

カテゴリー
9-1.管理室
寄稿者
うぃずさん
投稿日時
コメント数
19コメント
評価P
2ポイント

4月が1/3ほど過ぎ去ってしまったけど、未だ例の検討用の資料が出てこないので催促しに来ました。v(^ ^)v

今後の対応計画(2)にある「4~5月に随時アイデアボックス上で共有」されるという資料です。

@06927 でのやり取りを踏まえた上で、共有される資料は以下の内容をきちんと含んでもらいたいと思っています。


【1】政府と国民とがデジタル改革において、どのようにコミュニケーションしていくのか。そのビジョンやロードマップ等一式。

決意表明やぼんやりしたイメージ像に終始せず、ある程度具体的な内容でないと、結局「何をやるのかわからない」状態にしかならず、何か結果が出ても「これは言ってた通りのものなのか?」が評価できないので、国民側は感情に基づく判断しかできません。


【2】「【1】を実現する」という目標に向かって、ベンダーは足並みをそろえる意識があるベンダー(または内製チーム)が居ること。

ベンダーが持つ自社パッケージ製品の押し売り状態ではなく、【1】を実現するために最適な取り組みを行えるチーム体制であることの説明が必要です。
万が一、このまま「パッケージソフトウェアのアイデアボックス」を押し売りする状況がゴリ押しされれば、非難噴出することになります。


【3】当面の(直近の)透明性レポートや、政府と国民の間でのコミュニケーションについて、具体的な取り組み案

現時点で、透明性がなくコミュニケーション不足であることは明らかだと、政府サイドも認識していると思います。
そのうえで、デジタル庁開庁までの間とか、あるいは今年年末までとか、【1】のロードマップ上で最低限の準備が整うまでの間、どのように「一時的な透明性やコミュニケーションの確保を行うか」について、すぐ実施可能な具体性を持った形で、明示をお願いします。
 例:管理室と自治会に分け、管理室では週一で状況報告&コメントは翌営業日までに一次回答、など。

以上をすぐ全部出せとは言いませんし、政府側自ら「随時」と書いていますから、出せるところからしっかり出していってもらいたいと思います。
少なくとも4月から5月に随時と書いた以上、4月に何らかの初版的なものは出てくる必要があるはずです。
遅くとも来週中くらいには、初版提供の日程目途などのアナウンスがあることを期待します。(^ ^v

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ