民間に登録している名義と住所変更をなるべく一斉に行う仕組み(マイナポータル新機能案) by 雪見餅さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@07003

民間に登録している名義と住所変更をなるべく一斉に行う仕組み(マイナポータル新機能案)

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
雪見餅さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
1ポイント

@06991で「マイナポータルから発行した個人情報の証書をクレジット会社等に送信し、簡単に名義を変えられるようにする」という提案をしたのですが、@06978#016@06978#017で、



提案やコメントにある方法では無いですが、目的を実現するような手段は既に検討され進んでいますよ






◆「マイナポータルAPI」とは何ですか。
https://faq.myna.go.jp/...amp;site_domain=default

自己情報APIのイメージ図は以下の7~11ページがわかりやすい?
https://www.mhlw.go.jp/.../12401000/000610530.pdf



というコメントをもらったので、マイナポータルAPIを通して、民間のサイトで名義と住所変更の情報を簡単に受け取れるようにするためのインフラがすでにできているようです。



その上での提案ですが、

1.「国民の個人情報の変更に伴い、個人情報の更新の申請を求めてくる民間サイト」を、予め、マイナポータルで連携し、登録しておく(※連携サイト登録機能)
2.個人情報(名前、住所など)変更時に、変更手続きを要請する民間サイトがマイナポータルに登録されている場合、国民に更新手続きの必要を、マイナポータルが国民に通知する(この時点では民間サイトには個人情報の変更のことが伝わっていない)(※国民へのプッシュ通知機能)
3.通知に従い、手続きが必要な場合に、個人情報の更新手続きの申請先のチェックリストを、国民は操作する(※チェックリスト機能)
4.チェックリストで、チェックを入れた更新手続きを行う民間サイトに対して、マイナポータルから一斉に申請を通知する(※一斉申請機能)
5.追加で必要な情報があれば民間サイト側から追加情報の記入のメールがくる(これはマイナポータルとは関係なく、例えばメールや文書などを通して通知が来る)

このような手続きを、マイナポータルを通して、個人情報の更新手続きを一斉に行うための機能を、マイナポータルに追加することを提案します。

一斉申請機能を実現するために、「登録されたサイト」から通知するのではなく「マイナポータル」からの国民へのプッシュ通知機能による配慮が、大事なポイントだと思います。

ページの先頭へ