リモートワークが一向に進まない日本と政府が抱える問題点 by 藤井毅さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@07089

リモートワークが一向に進まない日本と政府が抱える問題点

カテゴリー
0-1.デジタル社会に関する意見
寄稿者
藤井毅さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
2ポイント

今、イギリスなどで次回のウィルスが広がったとき、短期間で共同でワクチンを開発するネットワークを構築し始めているのに、日本は2,3周も周回遅れで、リモートワークの導入さえ掛け声だけで政府も民間も全く進んでいません。

政府が声高にリモートワークを提唱しているため、IT導入補助金などで対応しているのか?と思って検索してみてもソーシャルのツールさえまったく検索にでてきません。

やはり、官僚側でITの知識がなさすぎるがためにどこかの業者に丸投げしているのが問題なのではないでしょうか?それと検索が使いにくくてしょうがありません。特定のブラウザーでないと検索できないようになっていて、何億円かけているのかわかりませんが、どこの会社の下請けに投げたんだろうと?思うほど、使われないことを前提としたレベルのサイトです。

また、ここでも利権があるのか?かなり偏った一部ツールしか登録されていません。今までもそういうことはありましたが、まるで特定の業者だけが受注できるよう審査項目を作ったのかなと感じています。本当の意味で政府が本気でリモートワークを推進させることが目的であればこのようなサイトにならないと思います。政府は本気でリモートワークを進めたり、日本をよくする気はあるのでしょうか?

ページの先頭へ