60秒で行政手続きを完了させるためには行政手続法の改正は避けられない by 便器株主さん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@07424

60秒で行政手続きを完了させるためには行政手続法の改正は避けられない

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
便器株主さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
2ポイント

行政手続法
第七条 行政庁は、申請がその事務所に到達したときは遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならず、かつ、申請書の記載事項に不備がないこと、申請書に必要な書類が添付されていること、申請をすることができる期間内にされたものであることその他の法令に定められた申請の形式上の要件に適合しない申請については、速やかに、申請をした者(以下「申請者」という。)に対し相当の期間を定めて当該申請の補正を求め、又は当該申請により求められた許認可等を拒否しなければならない。

…UIにチェックシステムを置くとどんなにマイクロコピーを置いてもエラーが延々と続いて、スマホを床に叩きつける人が発生する確率高し。

しかし一応マイナポータル前提だとぴったりサービスは大抵のファイル形式は上がる仕組みなので中身のエラーもチェックなし、後で不受理の連絡が来るだけの仕組みになることが予想されます。(氏と名の間が半角スペースなので受理できませんでした、とか)

ページの先頭へ