脱貧の戦略的進化論 by うぃずさん | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデア番号
@07762

脱貧の戦略的進化論

カテゴリー
0-2.その他
寄稿者
うぃずさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
2ポイント

v(^ ^)v は~いマイナストレッチゴール3つ目で~す v(^ ^)v

寝不足な上体調悪しでおめめがすっごい充血しててヤバイけど、胃もたれ感で寝付けないので、も一個逝っときますね。(^ ^;;;

さてさて、無能な政府に振り回された日本国民の皆さんが、ついに堪忍袋の緒ガチギレ飛んで(なんかすごい変換になった)、出歩くこと大きなうねりの如しって感じになってますニェー
oh, sorry! 見てますか?! 出歩く人々が大きなうねりとなっておりますよっ!! v(^ ^)v

そんな中、人々の恨み節で聞こえてくる声があります。そう。「我慢したのに」「これ以上我慢できるか!」です。
正直、日本政府に簡単に騙されちゃうの、そ~ゆ~とこだぞって感じなんですニェー

そもそも、「我慢」というのは何ら状況を改善させるものではなく、「現状のまま先送りし、周囲の状況が変化することをひたすら待つ」という行為なんです。
つまり、「コロナが早期に収束し、我慢する必要がなくなる」ということが高い確率で生じることが確定している場合にとれる「戦略」行為なんです。
で、でででで、ですよ?我慢し始めたときに、「コロナはすぐに収まって、ふっと消えてしまう」と確信に近い期待を抱ける状況でしたか? そんな訳ないですよね。どうなるのか全く分からない状態だった訳です。

正直、そんな中で何で「我慢」という消極的な戦略を選んだの?という話です。先行きが不透明なのであれば、「より悪化する」「解決が思った以上に先送りになる」といったことに備えた「努力」をしていたほうがマシなんです。
そういう発想を持てるかどうかが、「努力」に「成果」がついてくるか、ついてきたとして「どの程度大きな成果が得られるか」が変化する訳です。

多くの人が「我慢という努力をしたのに、なんで報われないんだ!」みたいな主張してますが、そりゃそうでしょと。我慢するって、それ「無駄な努力」の筆頭ですもん。

で、日本政府はそういったことをきちんと基礎教育で教育しないから、政府自身の構成要因ですら、中枢のエルルルルルリィィィィトゥですら、無為無策で「先送り」するだけになって、「なるようにしかならない」結果になっちゃう訳です。

国民に今更いきなり「戦略を持って行動しろ!」とか言っても無理ですから、責任取って「政府は国民に戦略を授け~る~」しましょうね。

このアイデアのタグ

  • 登録タグはありません
ページの先頭へ