検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

オンライン問い合わせについて

marushipさん

現在のホームページは問い合わせが分からなかったり、電話やファックスのみのところが多い。 私は発声が出来なく、四肢も麻痺しているため何度も諦めました。 このことを防ぐため省庁、自治体、議員、(公団、民間企業)のホームページは問い合わせの場所を統一してオンラインによる問... » 詳しく

超過勤務管理のデジタル化(≒サービス残業の撲滅)

霞が関太郎さん

超過勤務については、多くの省庁において、各職員がエクセルなどで日々の残業時間を報告し、各部局の庶務・給与担当者がそれを集計して超過勤務手当の支払業務を行う、というアナログな方式を採用していると承知している。  結果として、各職員が申告する「残業時間(=在庁時間)」と... » 詳しく

省庁横断的なテレビ会議システム

kokubunさん

省庁横断的に使いやすいテレビ会議システムを構築すべき。 特に、以下の点を希望する。 ・関係省庁の連絡先があらかじめインプットされており、関係者と即座に連絡することが可能 ・個室でのテレビ会議に対応するため、有線LAN・無線LANを充実 ・大人数(当方)でのテレビ会議に対... » 詳しく

イータックスの使いにくさは天下一品

reiayanamiさん

●一例を挙げる。イータックス仕様の財務諸表は、一般的な簿記会計の勘定科目と乖離している。それどころか各業界に推奨される会計基準にも適合していない。企業が独自で使いたい勘定科目の追加もできない。よってイータックの勘定科目に無理矢理合わせるため「マッチング」とかいう煩雑な... » 詳しく

国会議員対応等のweb会議化

zanshinさん

省庁による国会議員レクの多くは、議員会館での対面で実施されており、議員・省庁職員の双方にとって、往復に係る時間の無駄になるだけでなく、テレワークの本格実施や、官庁の地方移転の重大な阻害要因となっている。これらの対応をZoom等のWeb会議に置き換えることで、莫大なコスト改善... » 詳しく

【SaaS導入推進】デジタル庁主催のビジネスピッチコンテスト

Colorkrew前澤さん

■概要 ・デジタル庁主催のビジネスピッチコンテストを実施し、評価を受けたSaaSは地方自治体や省庁が採用できるようにする。 ・評価を受けたSaaSを導入する費用は一定の予算枠の中で活用でき、新たに予算化する必要がないようにする。 ■アイデア背景・解決すべき課題 ・地方自治体... » 詳しく

行政文書の決裁のデジタル化とデジタルデータの長期保管

Kazu.japanさん

行政文書の決裁のデジタル化とデジタルデータの長期保管に取り組んでほしい。 デジタルの時代には、公文書の保管期限を設けず長期保管がふさわしい。 公務に携わる関係者の決定した全ての政策を、後日国民が検索し検証できるようにして欲しい。 省庁、各部署、自治体等の利害関係者や... » 詳しく

政策審議状況一覧アプリ

trivial_poさん

各省庁から提出されている政策が国会の各委員会・本会議でどれだけ議論がなされているか、一覧表示から詳細まで確認できるアプリケーションがほしい。 リストの検索条件として「政策・法案名」「提出省庁」「提出日時」「可決・否決日時」「最終更新日」、また各政策の詳細ページに「... » 詳しく

税金支出の見える化

Satoさん

全省庁や全自治体で、それぞれ予算がいくらあり、それをいつ何に使った、というのをリアルタイムで集計(前日分までを集計)し、Webサイトで誰でも見えるように公開し、可視化する。 トップページでは、まずは省庁や自治体などの支出総額が見えているが、金額をクリックしていくと、どん... » 詳しく

根本的な話しです

CHIBA_YOURSIDEさん

デジタル化の中枢にマイナンバーを置き、住所の変更があった場合は、当該者に関して、住所と共に登録されている省庁や役所の情報(健康保険、年金、住民票、税務署、その他許認可等を取得している全て)を自動的に修正し、当該修正された内容(項目)を当該者に通知してくれれば申請(届... » 詳しく

官民の一元的なルールとしての制度設計を

KSKさん

官民を通じた真正なデータの流通が、デジタル改革の一つのキーファクターであると考えています。 これを実現するうえで、法令等の各種制度設計が不可欠ですが、現状、例えば以下のような課題があると認識しています。 ・個人情報保護法制の違い(官⇔民の差異、行政組織間での差異) ... » 詳しく

全省庁デジタル勤怠管理

TARGETさん

霞ヶ関の働き方改革やブラック官庁など、特に中央省庁の国家公務員の職場に関して使われる言葉ですが、私が就職した20年ほど前には存在しませんでした。ここ10年くらいで官民ともにワークライフバランスの取組みを行い随分改善されてきたようにも感じられますが、その一方で国の抱える課... » 詳しく

広く国政を語れるプラットフォームを!

夕哲さん

数日使ってみて思ったのですが、デジタル改革アイデアボックスは非常によいプラットフォームです。自分たちで建設的に意見し、議論し、それを省庁の大臣が読んで下さるなんて感動的です。2chやTwitterで喧嘩しても何も生まないということが改めてよく分かります。 デジタル行政改革の... » 詳しく

オンライン申請をもっとスムーズに

むらかみさん

IT導入補助金ですら、申請のために ・印鑑証明 (GビズID取得時) ・全部事項証明書 ・納税証明書 いわゆる役所の書類が3つも必要です。オンライン申請なのにこれだけ役所の書類が必要とは… 例えば納税証明書などは税の滞納があるかないかだけの確認かと思うので、省庁の壁を超えて情... » 詳しく

「デジタル化」だけで良いことありますか?

田中一郎さん

もしデジタル庁の目的が、色々な業務や手続きのデジタル化をすること、だけであれば「業務の効率化や利便性」を忘れていませんか? 紙と鉛筆の方が効率が良ければその方式を採用してもらいたい、という提案は時代への逆行ではありません。 役所で申請を行う際のちょっとだけ様式の違... » 詳しく

プロセス全体の最適化

Hiromiさん

行政における各種手続きにおいて、公平性などに過度に捕らわれるあまりに無駄な手間がかかり、結果として処理効率が悪化したり、機会損失を招いているケースが多々あると思います。 例えば、旅費精算ルールにある「経済ルートを選択しているか」の確認に多数の人手をかけ、数百円の支払... » 詳しく

目安箱の他省庁・地方自治体への横展開

taroさん

このように国民・市民から意見を募る目安箱を他の省庁や地方自治体にも導入してほしいです。特に生活に密着した細かな行政サービスを担う地方自治体に対しては需要が高いのではないかと思います。個人的にも国に対する要望よりも地方自治体に対する要望のほうがたくさん思いつきます。 ... » 詳しく

利活用可能な情報サービスの提供を希望します

YukiKさん

例えば、事業継続計画を立てる時に、社員や、その家族が次の連休に何処に居るという情報は、会社が社員の所在を把握することで、もしも災害による影響を受けるようになった場合に、会社は、事業の復旧対応計画が立てやすくなります。そのためには、何処で災害が起きたのか。また、被災地... » 詳しく

金融機関での実印照合共有化

ハイタッチさん

金融機関に勤めるものです。 省庁や地方自治体のペーパレス、脱ハンコ化が話題となる中、民間である金融機関での紙やハンコの在り方についても議論すべきと思います。 金融機関では契約がお金に関わるため、本人確認を厳格に行う必要があり国に印鑑を届出する「実印」の押印が求められ... » 詳しく

各システムのログイン

SWAさん

省庁の色々なシステムのログインにIDとパスワードが必要になっており管理が煩雑です。すべてのシステムにおいてマイナンバーカードとカードリーダーを使ってログイン出来る様にして欲しいです。 » 詳しく

マイナンバーカードはデジタル化するべき

ひらがなのはらさん

マイナンバーカードをデジタル化するべきだと思う。 免許証も保険証もデジタル化の考えがある中、マイナンバーカードこそ率先してデジタル化したら良い。 なぜカードの発行にこだわるのか? 持ち歩かせようと考えるのか。 物理的にカードを管理すること自体、アナログなイメージでデジ... » 詳しく

政策議論の可視化

MMさん

# 政策議論の可視化について 角度のついたメディアの報道が多く国民が事実や幅広い意見を元に政策の良し悪しを考える事が難しくなっています。 インターネットが普及してきたので、自分で調べる人は複数の立場からの意見やテレビで放映されていなかった事実を知れる機会は増えてきた... » 詳しく

日本国民IdM(仮)の構築のご提案

Gomaさん

企業ITで当たり前のように利用されているIdM(Identity Management system)。 プライベートでも利用できたらなんて幸せなのか…と思ったりします。 1. 各サイトへのSSO 各サイトごとに無駄に作成しているID・Password。 最近はメールアドレスがIDとして使われる事が多く統一されて... » 詳しく

各省庁における物品管理に対する事務

よしさん

物品管理法による事務手続きは未だ手書きの物があるのとデータ入力の重複でムダ 省庁~部~課~班~係と十分な人員がいながら事務手続きに時間を費やし本来の業務を遂行出来てはいない 承認をえるための押印にしても無駄な時間を費やす悪しき慣例(承認者の都合で待つことが多い) デジ... » 詳しく

ページの先頭へ