4.省庁職員の声 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


4.省庁職員の声

CSVダウンロード
※ダウンロード開始まで10秒ほど時間がかかる場合がありますので、すぐにダウンロードが開始されない場合、クリックした後少しお待ちください。それでもダウンロードできない場合はこちら

「DXの推進とデータ利活用が国の未来を拓く」と考え、課題に向き合う省庁の方々のアイデアを募集します。

このカテゴリーの参考資料

省庁横断システムの改善要望

kareidscope1123さん

省庁横断システム(GIMA,文書管理システム、SEABIS等)の改善要望の窓口がありません。 何かあれば事務所内の担当部署(総務課等)に聞けとしかなっていません。 一応、総務課→本省総務課→総務省システム班(?)に上がる仕組みなのかもしれませんが、 間をはさみすぎてタイムリーな情... » 詳しく

電子決裁を利用しない業務の明確化

じうさん

押印見直しが進むことで、内部的な手続きも今後抜本的に見直しが進むことが予想されます。 そのような中、現状の実務では、庶務業務をはじめとして簡易な内部業務では、ゴム印で決裁欄を付して、決裁権者まで押印を求めて、意思決定ないし確認する行為が相当数見受けられます(電子決裁... » 詳しく

ブラウザの互換対応について

のぼるさん

アイデアの要旨としては、「互換性の高いソースコードの使用と、旧来のシステムの互換対応への柔軟な予算配分」です。 マイナポイント等対国民向け行政サービスについて、対応ブラウザがIEのみであるという指摘がありましたが、行政組織内で使用されるシステムについてもIE11かつ互換... » 詳しく

手続きのデジタル化(誰一人取り残さない)

e-Takaさん

今後、官公庁の申請・届出などのデジタル化が進むと思いますが、書類に記載する事項についての投稿です。 当面は、現在の紙媒体の書式そのものがパソコンやスマホで手続きできる画面へと変更されたデジタル化になろうかと思います。 しかし、手書きと異なり、書く場所が画面では分かり... » 詳しく

誰一人取り残さない

e-Takaさん

タイトル「誰一人取り残さない」は、次回のオーブン対話のてーまですが、特に地方の高齢者がその対象になると思います。 課題の一つが操作方法であり、更に掘り下げるとどこに聞けば良いかが分からないことだと思います。 最近は、官民問わず色々申請・届出などの手続きがデジタル化さ... » 詳しく

テレワークにおける残業の取り扱いについて

のぼるさん

私の所属している省ではテレワーク自体は推奨されているものの、残業代の支給が認められておりません。 もちろん、残業を行わないように計画を立てて業務を実施してはおりますが、 定時直前に出勤している職員からの急ぎの問い合わせ等が発生した場合、テレワーク環境にて残業を行わな... » 詳しく

資格獲得の奨励

ガソバルさん

霞ヶ関のITリテラシーが低いことは周知の事実だと思います。 実際どの程度のIT人材が霞ヶ関にいるかは判りませんが、PJMOやPMOですら技術に明るくない人間が着任している状況があります。 そこで、全体のスキルアップの動機付けとして、資格取得の推進などをされてはいかがでしょうか... » 詳しく

IT技術系職員の待遇改善

ガソバルさん

国も地方自治体も技術職職員の待遇が悪いと感じます。 一部の府省では技術職でも幹部になれると聞きますが、多くはキャリアであっても課長職どまりだと聞いています。 給与がすべてではありませんが、(私は一般職大卒程度なのでそれで言うと)1年目の月給で5万ほど、期末手当でいえば... » 詳しく

脱ハンコで困る人

ssさん

大っぴらには言いにくいですが、ハンコの最大のメリットは、本人でなくても押せることです。たとえば休暇や出張の申請は、承認する人が「ハンコを預ける」という形で部下が押していることが多いので、これができなくなると、すべての案件が本人のところにいってしまい、面倒くさい!と八... » 詳しく

予算等の制度改革が必要

伊藤弘子さん

・年度単位での管理の撤廃 予算要求は国会対応に並び、職員の工数が取られる非常に大きな仕事となっています。システム部門は毎年このために人員を割いており、システムの更改や運用に支障を来す状況も発生しています。国庫債務負担行為を取得する選択肢もありますが、枠を確保した場合... » 詳しく

Web API等を利用できる環境を

milagrosさん

Web上にはオープンデータを含め有用な情報がありますが、端末上でWeb APIやLODを利用できる環境がないため、 情報の取得や利用に時間と手間がかかります。 情報セキュリティを考慮すると全てのURLを接続許可することは難しい思いますが、 申請があれば端末から一定期間接続可能にする... » 詳しく

勤怠管理システムの構築

しんたろう11さん

職員の勤怠管理は、課内共有のエクセルシートやガルーンの予定表に入力された休暇等のスケジュールを特定の職員が集約して経理に報告しています。 分かりきったことかもしれませんが、PCのオンオフデータを基本とした勤怠システムを構築し、職員各自で入力、上長が承認するシステムにす... » 詳しく

情報形式の統一と集約化

e-Takaさん

地方出先機関で勤務している者です。 組織内外で所有している情報形式が統一されていないことから、せっかくのデータが活かされていません。また、情報は各部署が管理しているため、何かと制約を付けて集約ができていません。 セキュリティ対策は必要ですが、部署の垣根を越えてデータ... » 詳しく

中高年層の再教育

もんたろうさん

今回のコロナ禍でわかったのは中高年層の「つかえなさ」 国難ともいうべき状況なのに「前例踏襲」「自分の保身」ばかりして、いっこうに良い改革が起こらない。 長い間官公庁に在職しているせいで、民間と考えが完全に乖離している。 その癖、河野大臣の声掛けがあるや、今まで判子の... » 詳しく

Googleドライブ、スプレッドシート等の活用

しんたろう11さん

窓口業務では各課への資料作成依頼にエクセルシートを多用し、メールを使用し集約しています。 これらの業務について、Googleドライブやスプレッドシートを活用することで、省内や各支局等とファイルを共有し、複数名による同時編集が可能となります。大手企業でも数年前から使用されて... » 詳しく

デジタル環境整備の予算は基金化してほしい。

IT好きさん

デジタル環境の構築は、試験的に運用して効果や仕様を検討しないと全体に整備できないため、予算要求時に詳細を詰めて積算するのは難しいと思います。IT人材は、民間から来る方が多いことを想定すると、デジタル環境整備の基金を作り、執行を管理した方が、無駄や手戻りがなく、予算要求... » 詳しく

共通基盤として便利なツールの整備

IT好きさん

例えば、外部の方との会議の日程調整について、Excel表をメールで送付し記入してもらい、回収して情報を結合して集計するという作業をしていますが、会議の日程調整のようなルーチン業務は、既存の世の中の便利なツールを使って短時間で行えるようにしてほしいです。共通の基盤として導入... » 詳しく

省庁間での協議などにクラウド上の共有ファイルの利用

IT好きさん

白書の作成など、省庁間での協議については、共同作業用のツールを利用すれば、作業効率が上がると思います。例えば、Adobeクラウドで、PDF資料へのコメントを入力する、Office 365のファイル共有を使用し、共同作業をする、または、TeamsとSharePointを使うなどが考えられます。セキュリ... » 詳しく

システム化の前の業務の見直しを

IT好きさん

現行の手続きをそのままシステム化しても業務はそれほど軽減されないので、システム化する前に、業務の整理や無駄の洗い出しが必要だと思います。またワンストップサービスとなるようにワークフローを考えてシステムを構築した方が良いと思います。一部だけ電子化しても、例えば、紙の資... » 詳しく

360度評価による人事評価を可能とする評価システムの導入

IT好きさん

テレワークの実施によるデメリットが発生しないように、360度評価の導入を希望します。テレワークでは、誰が一生懸命作業して貢献したかが見えないため、上司からの評価のみでは、本人の貢献なのか、その部下の貢献なのかが分からず、公平な評価ができなくなる可能性があります。目標管理... » 詳しく

国民全般がWEBにアクセスできる環境の整備

IT好きさん

国民が利用するサービスは、WEBでアクセスできない人がいるから、紙の申込書と窓口は必要という判断となるが、小中学生に端末を配布するように、国民全般がWEBにアクセスできる環境を整えれば、WEBの手続きのみ用意すればよく、常に、WEBでのサービスと紙の申込書と窓口のサービスの2本... » 詳しく

紙媒体ではなく電子媒体の受領による委託業務の精算の効率化

IT好きさん

委託業務の精算は、現在、人が、証拠書類と総括表の照合を行い、総括表の計算シートの紙を見て、延々と電卓で計算しなおすという作業をしていますが、コンピュータであれば一瞬で終わる計算量です。  ブロックチェーン技術でデジタル署名を発行し、認証する機関を設置すれば、領収書に... » 詳しく

省庁内のシステム構築に係る人材の確保・育成

IT好きさん

新しい業務の構築後、定常運用に移行する前に、ルーチン業務のシステム化は、初めから工程にいれておくべきですが、省内でシステム構築に関する能力のある人材がいないと、システムの検討や予算要求が進まないと思います。 » 詳しく

業務効率化につながる不断の環境改善

IT好きさん

高機能ソフトウェア(PDF編集など)、電子辞書、デュアルモニターや大型モニターの導入、WEB会議ルームの増設など、業務を効率化できるものは、購入して整えられるようにすべきです。生体認証を導入しスムーズに認証できるようにすることや外部との会議を容易にできるように複数のWEB会議... » 詳しく

業務へのAI導入のアクションプラン策定

IT好きさん

業務へのAIの導入による業務効率化ができればよいと思います。人が行っている作業の確認や、業務の補助に使えれば時短になると思います。例えば、自動翻訳、文法校正、新聞記事検索、精算資料確認、法令文書校正、仕様書の体裁確認など。 » 詳しく

シンクライアント端末の性能・機能の向上

IT好きさん

セキュリティ強化のために導入されたシンクライアント端末は動きが遅く、仕事の速度に影響しています。シンクライアント端末の動きの遅れが生じないように、ボトルネックを特定して、ネットワーク環境・サーバ環境を改善してほしいです。 » 詳しく

議員会館と財務省へのWEB会議システムの導入とテレワークを前提としたルール作りから

IT好きさん

省庁に対して突発的な対応の依頼を行う議員会館、財務省等にWEB会議システムが整い、WEB会議での参加を認めてもらえれば、省庁はテレワークしやすいのはないでしょうか。あるいは、突発的な対応ではなく、日時を翌日以降で設定してもらえれば、いつでも現地に駆け付けられる体制を維持す... » 詳しく

ブロックチェーン技術を活用したお金の収支管理システムで予算の繰越や国庫返納を簡便に

IT好きさん

事業が、予算要求時の計画通りには進まないことや、途中で計画の変更を迫られることは、よくあることなので、その際の手続きを簡便にできるようにシステム化されていればよいと思います。執行しなかった予算の翌年度への繰り越しや国庫への返納を簡単にできるようにすれば、年度内に事業... » 詳しく

省庁の環境改善のため、アイディアを定期的に募集してほしい。

IT好きさん

職場の環境改善について、アイディアを提案して、検討の俎上に載せられる場がこれまでなかったので、アイディアボックスで省庁の声を聴いてくれるのは、画期的なことで大変うれしく思いました。デジタル環境の進化は早いので、ぜひ、定期的にアイディアを募集して、デジタル環境の見直し... » 詳しく

財務省の予算査定

TARGETさん

国の借金を年々積み増している状況については、国民の関心が高い一方、起因する財務省の予算査定はどんな内容で行われているのか、その細部は明らかにされていない。 各省庁の要求に対して、査定官庁たる財務省は、国民目線で査定を行なっているのか検証する仕組みが必要だと思う。 例... » 詳しく

これまでの取り組みを研究することが大事

とんとかいもさん

デジタル化を進めるとの大号令が出されました。 このこと自体はとても素晴らしいことなのですが、このデジタル化に必要な技術自体は 昨日今日に開発されたものではありません。いわば枯れた技術です。 一方、政府の電子化については、これまで約20年を費やしておりますが さほ... » 詳しく

辞令交付のデジタル化

ssさん

新規採用はともかく、毎年の定期異動で職員が大会議室などに密の状態で整列、偉い人が一人ひとり、紙の辞令を延々と読み上げる儀式はもはや江戸時代です。 対象者には一斉にメールで伝達、さっさと異動先の仕事に取りかかってもらいましょう。 » 詳しく

省庁共通文書管理システムの改善

IT次郎さん

公文書管理の徹底がいわれていますが、省庁共通の公文書管理システムには以下のようにずさんな文書管理を許容するようなシステムになっているので、改善が必要だと思います。 ・文書の分類の項目選択が必須でない(分類項目を設定しなくても起案できてしまう) ・決裁の案の添付が必須... » 詳しく

住基ネット・マイナンバーの利便性向上

IT次郎さん

住基ネットやマイナンバー(以下「住基ネット等」という。)を行政事務で利用するためには、住企ネット法やマイナンバー法(以下「住基ネット法等」という。)の別表に利用できる事務として規定する必要がありますが、これでは新たな事務や突発的な事務(例えば今回のコロナの給付金)で... » 詳しく

管理職が抱くIT・システム軽視の禁止

Yukitさん

管理職がIT・システムを軽視しすぎている。 各分野において、法律の議論がIT・システムの議論とが乖離しており、法律が追いついていない。 卓上の議論や小手先のテクニカルな手法で法律を議論していることが多いのは、管理職がIT・システムを軽視しすぎているからだと思う。 制... » 詳しく

勤怠管理のハンコについて

YankeeRomeoさん

おそらくどこの省庁も同じだと思うのですが、未だに国家公務員は出勤時に出勤簿にハンコを押しています。 一か所でも押し間違えたら、「半年分全部押印をやり直し」なんてことも時々発生します。 年休申請等についても複数の上司に書類を持ち回って、ハンコをもらって承認をもらわなけ... » 詳しく

PCへのソフトウェアインストール制限について

Y式測高器さん

自分が勤務しているところでは業務用PCへのフリーソフトのインストールがセキュリティの観点で一切認められていません。怪しいソフトウェアのインストールを禁止するのは理解できますが、googleのソフトウェアであっても無償のものはインストールできません。有償・無償の画一的な基準... » 詳しく

人の集まるところに総合窓口を設置

モグラさん

昔は電話局の窓口があったけれど、今は電話局に行く機会もない。 一方でドコモショップが駅前やっショッピングセンターに入っている。 オンライン申請がどんどん増えてくる中で、各窓口はどんどん縮小していく。 自治体の出張所を高機能化して、他の行政手続きを受け付けるとか国と... » 詳しく

窓口を見直し、全国の庁舎やをリモートオフィスにする

モグラさん

デジタル化をすすめると窓口のスペースが不要になり、全国の庁舎にスペースが生まれます。 一方で介護で地方に行きたい人、ワークライフバランスで地方に行きたい人もいます。 庁舎であればセキュリティも確保できますし、何よりも全国各地にあります。 単にデジタル化ではなく、... » 詳しく

伝統的縦書き文書の横書き化

T.Shimaさん

官報などの公文書の中には、未だ縦書き文書が多くワープロでの編集詐欺に労力を要することが多い。 これを横書きにするだけで、一気に生産性が上がる筈であり、読み手からすれば、縦書きにこだわる必要はない。 また、自治体なども、官報などをコピー引用して資料作成する事も多く、コ... » 詳しく

溜まりに溜まってる紙資料のPDF化の一括外注

くろいあきらさん

もし、自分が1年間、通常業務を放棄してPDF化していっても終わらないであろう量の紙資料が課内の棚に詰め込まれている現状の改善を強く望みます。 行政文書としての保存期間を過ぎているが過去の経緯を調べるために必要なので廃棄は不可(きっとそういう部署がたくさんあると思います)... » 詳しく

関連団体の押さえ込み

伊藤弘子さん

例えばオンライン診療は日本医師会が反発して難航したり、日弁連も政治的な声明を発して行政の邪魔になっている節があると感じています。最終的に協力を求めざるを得ないところはあると思いますが、まずは行政の仕組みの改革、ひいては国民に資する行政に成長するため、関連団体を気にせ... » 詳しく

出勤簿のデジタル化

みのむしさん

入省するまで,まさか未だに出勤簿に判子を押して勤怠を確認しているだなんて想像もしていませんでした。朝晩入り口のゲートでICカードをタッチするのは何のためなのでしょうか。超過勤務時間についてはExcelで管理できているのですから出勤簿も紙ベースから脱却できるのでは? » 詳しく

クラウド利用促進のためのFedRAMPとISMAPの相互認証

Yukitさん

ISMAP制度の立ち上がりがスローだ。 クラウドが全てではないし、全てをクラウド化するのは危険ではあるが、クラウドにマッチするサービスをオンプレミスで構築しすぎている。 ISMAPに登録されるクラウド業者数が遅遅としている一方、類似制度の米国FedRAMPは、200近いクラウドサービ... » 詳しく

管理職へITSSレベル4以上の資格取得の義務化

Yukitさん

システム、デジタル、情報等の領域について、管理職の知識と経験と相場観が欠如している 少なくともシステム、デジタル、情報に関連する制度設計を行う省庁の管理職になるには、ITSSレベル4の資格を保持することが必要などの要件をつけてほしい。 それぐらいドラスティックにしない... » 詳しく

システム担当と業務担当のバランスとの取れた人事配置

太郎さん

昨今において、人出不足が加速していく中、効率的な行政サービスを実現するためにはIT技術導入による効率化がどうしても必要となると考えます。しかし、IT技術(情報システムやサービスデザイン思考等の考え方等)の知識が業務担当部署の職員に欠如していると思います。また、情報システ... » 詳しく

省庁内線のIP電話化/原則テレワーク

MaxWeberさん

省庁の代表電話、及び各自の内線電話をIP-PBX化し、かつ自身のスマホに入れた専用アプリにて内線を受発信できるようしたい。 現在は、他省庁や国会関連の電話に対応するため誰かは自席に座っていなければならない不文律が存在するが、MTGや外出時でも電話対応行えるのと何よりテレワーク... » 詳しく

政府系WEBサイトのシングルサインオンの導入

太郎さん

 国民が主体認証を経てログインし利用する政府系のWEBサイトが多数存在していますが、それぞれのサイトで個別にアクセス管理をしており、複数の政府系WEBサイトを国民が利用する場合、ID,パスワードの管理が手間と考えます。そのため、政府系サイトの主体認証は一元的に行いシングルサイ... » 詳しく

「Office365」 or「 G-suit」早期に政府一括導入→他省庁等と情報共有効率化

dominoさん

シンプルな具体策の提案です。 まずはOffice365 or G-suitを行政で一斉に標準装備にして欲しいです。 もちろん情報漏洩リスクには適切な予防措置を取る必要がありますが、基本的には各ユーザー一人一人が適切に正当な注意を払ってアクセスコントロールを設定した上で運用する、という... » 詳しく

ページの先頭へ