3.自治体職員の声 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


3.自治体職員の声

CSVダウンロード
※ダウンロード開始まで10秒ほど時間がかかる場合がありますので、すぐにダウンロードが開始されない場合、クリックした後少しお待ちください。

住民サービス向上を願う自治体の方々が感じる課題、手続き簡略化やデータ活用等へのアイデアを募集します。

このカテゴリーの参考資料

光ファイバー網でテレビ放送

三森隆さん

本市(由利本荘市)では山間部の集落などのテレビ難視聴地域が多く点在するため、従来からその対策に多額の経費をかけて来ており、市町村合併を契機として整備した市ケーブルテレビにより、テレビ難視聴地域の解消とインターネット接続サービスの地域間格差是正を行ってきた。  この度... » 詳しく

行政文書の見出し番号はア、イ、ウでなく、1.、1.1で書こう!

某市CIOほさかんさん

行政の文書は「行政文書作成要領」などで、見出しの符号は大きな項目から細かい項目へと、1、(1)、ア、(ア)という書式で書くように制定されています。  一方、論文などでは「1.」「1.1」「1.1.1」と「ポイントシステム」で記載するのが一般的です。  政府自治体も... » 詳しく

デジタル人材の活用に自治体職員版アドバイザー制度創設を

デジタル小僧さん

先進的な取組を模倣するために行われるのは視察ですが、その旅費を予算化することはなかなか難しいです。一方で、先進的な取組を紹介してもらう手段として地域情報化アドバイザー制度がありますが、現場の生の声を伝えられる自治体職員のアドバイザーは数が限られています。 そこで、自... » 詳しく

マイナンバーカードにヨミガナを格納できるようにならないか?

メカニックさん

これから、マイナンバーカードで個人を認証できる時代になっていくと思います。その中で、各自治体が便宜上登録しているヨミガナをマイナンバーカードにも格納することで、オンライン申請の時に、ヨミガナも間違えなく入力され申請者も、自治体側も利便性が上がると思います。 法的な... » 詳しく

デュアルモニタ、ワイドモニタの導入への財政措置を

つくえさん

電子申請や様々なシステムを導入しても、処理するために申請データをいちいち印刷して決裁を受けて…となると導入の意味が薄れ、時間もかかってしまいます。完全にペーパーレス化しようとするために必須なのがデュアルモニタやワイドモニタだと思います。公費で備えるノートパソコンのちっ... » 詳しく

都道府県警察のシステム統合

地方県警勤務さん

【現状】 運転免許証とマイナンバーカードの統合案が報道されていますが、各都道府県警察で異なるシステムが使用されているため、まず全国でのシステム共通化を図るとされています。 同じような状況は警察が使用する他のシステムでも存在し、各都道府県警察で相談事の管理システム... » 詳しく

各種証明書の電子交付

よこやんさん

納税証明書や住民票など、国民の生活と企業活動に密接に関わる各種証明書を電子申請し、オンライン決済、メールで証明書受信できる制度を構築することで、遠隔地でも手続きが可能になり、また役所に来る手間や待ち時間解消、密防止にも繋がる。また、提携的な発行事務であればAIやRPAで事... » 詳しく

全国一律の「障害福祉サービス事業者等の指定申請・届出」の国によるデジタル化

アンジさん

押印廃止、デジタル化を自治体単位で行うより、国で行っていただいたほうが全国的なコス削減、円滑な行政運営が可能なのではないかと思い投稿します。   「障害者総合支援法、児童福祉法による障害福祉サービス等の事業者(法人)からの事業所の指定申請や介護給付費等の届出等から各... » 詳しく

マイナンバーカードのスマホへの移行

kenjiさん

特定個人情報とされるマイナンバーがマイナンバーカードに記入されており、ビニール袋で隠すだけの対応となっている。 紛失した場合に、顔写真からマイナンバーまで関連づけて盗まれる可能性が大きい。 ついては、スマートフォンのNFC機能を使うとセキュリティが格段に上がるうえに、... » 詳しく

デジタルワンストップの実現へ

あねごさん

リアルの窓口は総合窓口化が進み、各自治体の工夫によりワンストップサービスの提供が図られています。一方で、現在の電子申請は申請手続きごとに処理が分かれており、申請者は手続きごとに資格情報の入力を求められます。また、電子申請と情報収集が連動して行うことが出来るようになっ... » 詳しく

福祉の手続きと受給者証をマイナンバーカードに一元化

A15さん

市町村の福祉部署には意外にも事務的処理が多くあります。 福祉分野の制度は、まだまだほとんどが紙ベースでの手続きになっています。 まずは申請。申請書は利用者本人が手書きし、署名または押印を求める。添付書類(医師の診断書、保険証・手帳・証書の写し、所得証明など)も紙で... » 詳しく

法案や制度を情報システムの視点から事前審査

岩崎和隆_さん

情報システムを用いて業務を実施するとき、情報システムは業務品質と業務コストを左右することが、特別定額給付金支給業務で明らかになったと認識しています。 そのため、法案や制度を決める前に、情報システムの視点から事前審査し、業務品質に係るリスク及び業務コストを明らかにする... » 詳しく

自治体窓口のデジタル化について

イガティさん

24時間365日、スマホやPCから行政手続ができるよう、自治体のデジタル化を引き続き推進すべきと思いますが、そうしたデバイスをお持ちでない方や、方法がわからない方は役所の窓口に来られると思います。 現状、役所窓口では、申請書に氏名住所等を手書きして、本人確認で身分証... » 詳しく

生業にできる仕組みでの「地域デジタル活用応援隊」の創設(中小企業デジタル化応援隊の拡張版)

中石さん

【概要】  地域で暮らす人々がICTのメリットを受けることができるよう、以下の取り組みを実施した人または団体・企業に対して報酬が支払われる仕組みを作る。  ※中小企業デジタル化応援隊のターゲットを地域団体や住民に置き換え、対象事業を拡大したイメージ。    ・ICTリテラシ... » 詳しく

得意とする業種、業態、規模を重視したパッケージソフトウェア選び

岩崎和隆_さん

私は、ある地方独立行政法人の人事給与システムでパッケージソフトウェアを導入した後、数年後に、別の地方独立行政法人で、再び、人事給与システムのパッケージソフトウェアを導入しました。 その経験から、パッケージソフトウェアをアドオンの少なさや多機能で選ぶのではなく、設計思... » 詳しく

難易度の高い情報システムに係る技術点の割合の増加

岩崎和隆_さん

国では、「情報システムの調達に係る総合評価落札方式の標準ガイドライン」(平成25年7月19日調達関係省庁申合せ)で、総合評価落札方式における価格点の割合が25%以上となっているため、通常、価格点を総合点の25%にしています。 価格点25点、技術点75点としたとき、仮に、A社が予定... » 詳しく

住民税の特別徴収税額通知書(納税義務者用)のペーパーレス化

岩崎和隆_さん

給与明細の電子配信により、紙の給与明細を配付しなくてよいので、業務効率が向上しました。しかし、そのような民間企業でも、年1回、市区町村から住民税の特別徴収税額通知書が紙で届くので、従業員に配付しなければなりません。 特別徴収税額の方は、eLTAXから電子データを入手... » 詳しく

受注者の成果を評価するデータベースの整備

岩崎和隆_さん

公共工事では、工事終了時に受注者の仕事ぶりを評価(工事成績評定)して、データベースに登録し、総合評価落札方式の落札者決定基準において、その評価結果を考慮しています。 情報システムでも同様の取組みをして、優れた受注者が受注しやすいようにした方がよいと考えます。 » 詳しく

内製化の推進

岩崎和隆_さん

諸外国と比べ、我が国は、官民ともに外注依存の比率が高いと言われています。  DXでは、ユーザ企業内SEの増加、すなわち、内製化の推進が推奨されています。  官公庁が請負で調達すると、仕様確定、官公庁内部の意思決定、契約手続きなどで、どうしても、遅くなってしまいます。... » 詳しく

200種類2,000個の情報システムの共同化

岩崎和隆_さん

以前、ある県の情報システム全体最適化計画を担当したとき、庁内の情報システムの棚卸しをしたら、約200件(種類)ありました。共同化という視点で考えると、人事給与システムなど、国、地方公共団体で共通のもの、住民基本台帳管理システムなど市区町村共通のものなどがあります。  要... » 詳しく

IT調達改革のための地方自治法の改正

y150sayaさん

ITサービスの構築は「小さく産んで継続的に改善を繰り返す」というアジャイル方式が主流になりつつありますが、地方自治体の調達にあたっては地方自治法施行令第167条の2(随意契約)の条項が足かせになって、入札での調達が前提となってしまうため、新しい技術を使ったサービスなどを調達... » 詳しく

デジタルツイン構築のためのオープンデータ取得の仕組みとルール整備を早急に

y150sayaさん

Society5.0の実現に重要なファクターとなる、現実空間をできるだけバーチャルに写し取り、様々なシミュレーションなどに活用する「デジタルツイン」の構築に向けて必要な3D都市モデルデータの公開に向けた取り組みを加速する。 ・国土交通データプラットフォーム整備 https://www.mli... » 詳しく

自治体へのデジタル専門人材の強制派遣

中石さん

【アイデアの内容】  自治体間の格差を減らし全国的にデジタル化を推進していくため、国策として以下の人材構成を強制的に各自治体へ派遣する。  ・CIOレベルの人材(月1ペース)   組織の経営層(三役・部長・課長)に対してDXを実現するための指導・アドバイスできる人材。 ... » 詳しく

復興庁の被災地訪問のデジタル化

ともかわさん

元震災被災地職員です。  復興庁の本庁からの被災地視察が毎月の様にあり、各種図面や資料を事前に提出を求められているにも関わらず、彼らは手ぶらで来ます。各県の出先に事前に資料を提出する訳ですが、出先でも本庁でも資料の印刷などはしてこないため、毎回被災地の災害担当職員... » 詳しく

ぴったりサービスの申請で世帯員情報も自己情報開示APIで取得できるようにしてはどうか?

中石さん

【アイデアの概要】  ぴったりサービスのオンライン申請でログインした本人以外の情報も自己情報開示APIで取得し、申請画面に自動で入力できるようにする。  わかりやすく特別定額給付金を例とすると、  1.世帯員の追加というボタンを準備。  2.ボタンを押すとマイナンバー... » 詳しく

車輪の再発明にならないEBPM推進のためのエビデンス共有システムを!

タツヤさん

内閣府では令和2年度にデータや分析事例等を集約するエビデンスシステムの構築をされると、行政改革のホームページに載っていましたか、ぜひとも内閣府にとじず、全省庁や全地方自治体が参加し、全ての大学や研究機関も巻き込むシステムを作り上げてほしいと思います。 車輪の再発明は職... » 詳しく

電話応答の効率化のためのシステム導入と運用に交付税措置を!

タツヤさん

民間では当たり前に導入されている、受信した電話の発信者番号確認や録音、対応事務の種類による振り分けなどのシステムの国や自治体への導入を促進すべきだと思います。 チャットやメールによる相談対応も当然に充実すればよいのですが、電話相談は依然として多く、一部の電話は業務に... » 詳しく

電子官報の閲覧を無料化し、掲載を無期限に!

タツヤさん

官報には国家運営の根幹的な情報から生活に関わることまで、国の動きに関わる重要な情報が掲載されていますが、無料公表は30日間にすぎず、とても残念な状況です。 官報の情報は行政のデジタル化にも大いに貢献します。なぜなら、国が様々発信する情報は、表彰や処分なども含めて、化で... » 詳しく

交付税基礎数値の報告 白本の廃止

zephyr999さん

財政担当者限定の話です。本当に細かな話ですが。。。LGWAN-ASPが実現しているのに白本を紙に書いて残す意味がわかりません。基礎数値をエクセルで報告する意味も無いと思います。錯誤も合併算定替があると非常に面倒です。突き詰めていけば決算統計なども全国一律の作業なので統一システ... » 詳しく

マイナポータルのぴったりサービスとつなぐLGWAN-ASPの一括調達

北のヒラタクさん

特別定額給付金の電子申請においては、国が一括調達していただき、全団体がマイナポータルと直接接続して申請データを受け取ることができましたが、これまでぴったりサービスとの接続方法は自治体によって異なり、既存電子申請サービスにリンク接続したり、接続すらしていない団体もあっ... » 詳しく

マイナンバーカードの普及にインセンティブを

北のヒラタクさん

マイナンバーカード普及後の世の中、いわば「withマイナンバーカード」の時代そのものがマイナンバーカード普及のインセンティブと感じて普及に取り組んでおりますが、自治体毎に地域課題が異なっており、組織全体で取り組んでいる団体は多いとは言えないと感じております。当団体におい... » 詳しく

自治体も法人クレジットカードを使えると嬉しい。

メカニックさん

ETCカードは利用できますが、現状、法人クレジットカードは利用できない状況です。 一度、支払いを担当している会計課へ相談したことがありましたが、法人クレジットカードの所有は出来ないから諦めてくれと言われました。 その時は、なぜ持てないのかまで掘り下げて確認しませんで... » 詳しく

全国共通!証明発行インフラ

zephyr999さん

各自治体にプリンタを設置します。(既存のものでも可) ↓ LGWANでもグローバルでも住基ネットでもいいですが、サーバを構築します。 ↓ サーバに各自治体に設置した全てのプリンタをインストールして共有をかけます。 ↓ 自治体枠を超えた証明発行ネットワークの完成! » 詳しく

虚偽申請に対する罰則強化

あきさん

市役所で押印の見直し、行政手続きのオンライン化に取り組んでいる者です。 市役所では様々な申請書類を扱っていますが、その中でも建築確認の分野では第三者(権利者)の承諾書を添付してもらっているものがあります。 承諾書には実印を、さらに添付書類としてその印鑑証明書を付けても... » 詳しく

国から税の制度について説明する動画授業を実施

MOKUさん

デジタル教科書を採用すると動画が再生できるので、税制度の基本事項(所得税、住民税、固定資産税、自動車税、軽自動車税など)の仕組みや納付方法、納付できないときの相談方法について説明する動画授業を中学生向けに行う。 特に、行政からの請求や警告通知は無視しても良いことが無く... » 詳しく

音声認識ができるタブレットを福祉窓口に配置し、職員が話す内容を大きな字幕で表示する。

MOKUさん

高齢の方が多く来庁される窓口では、耳が聞こえにくい方に対し、何度も繰り返して話す必要があったり、聞こえるように大声で話す必要がある等、手続きを進める上での意思疎通段階に課題があります。(最近はマスクにビニールシート、アクリル板でますます聞こえづらい!)       ... » 詳しく

住民基本台帳システムの一元化

Yamaちゃんさん

自治体では、かなり前からそれぞれが「住民基本台帳システム」を構築していて、それがほとんどの自治体で導入された後に、国から「住基ネット」やら「マイナンバー」のシステムが追加されました。  元々はそれぞれが独自のシステムで運用していたのを、国が上から無理やり機能追加した... » 詳しく

自治体CSIRTの強化に向けた抜本的改革

EasternmostRISSさん

地方自治体においてセキュリティインシデントが発生した際に、適切な対応をとるための体制・組織である自治体CSIRTですが、地方公共団体情報システム機構が旗振り役となり設立された自治体CSIRT協議会があまり機能していないせいか、自治体CSIRTも形骸化している組織であったり、地方部で... » 詳しく

教材のデジタル化を

zephyr999さん

最近小・中学校のタブレット導入や通信インフラ整備がかなり進んでいますが、教材や学習ドリルのデジタル化がなかなか進んでおらず、折角の環境も宝の持ち腐れになっています。ハード整備を進んでいるので、同じくらいソフト整備が進むとありがたいです。願わくば少しでも多くの子ども達... » 詳しく

マイナンバーカード制度がそもそも使いにくい

zephyr999さん

〇〇しないと✕✕できない。 これを何とかしてほしい。 ・カードの発行も申請しないと貰えない ・マイキーidも各自作る必要がある ・マイナポイント?自治体ポイントはどうなった? ・毎回接続申請しないと情報の提供も閲覧もできない ・独自利用は条例化する必要がある?何故? ... » 詳しく

コンビニでの証明発行について

Fuzさん

番号法が施行され公共団体は情報連携により紙での各種証明書の添付をなくしている状況です。今後は官民間でも情報連携がなされていくと思います。それなのに国は何故、コンビニでの紙の証明書発行を自治体に推奨するのかわかりません。確かに市民にとって便利なのはわかりますが、紙の証... » 詳しく

エクセル・ワード(紙)での照会・集計をなくそう

a.lさん

自治体職員です。 本来の業務なのかもしれませんが,照会・集計に係る時間がムダすぎます。 特にエクセルやワードでの似たようなデータの入れ直し・・・ 個人的には簡易に制作できる,アンケートフォームなどを用いた統合基盤でもできればいいのにと思います。 (膨大なデータはC... » 詳しく

在庁時間調査について

デジタル化とはさん

10月と11月の在庁時間をエクセルファイルに記入して報告するよう依頼がありました。当庁では入り口にゲートを設置しており在庁時間はログで確認できると聞いているのですが、わざわざ人の手でエクセルファイルに記入して報告させる理由がわかりません。 機械でできることは機械に任せ、... » 詳しく

データを利用した次世代サービスの構築について

YYYXXXさん

地方公共団体情報システム機構の令和元年度市町村職員による情報化に関する研究会において「情報連携を活用した次世代型サービスに関する研究」をテーマとしました。全市区町村にある中間サーバーには特定個人情報の副本が格納されています。格納されている副本データをよってサービスを... » 詳しく

マナー研修等一般的な職員研修の共通化およびオンデマンド化

MOKUさん

職員向けの市民対応力向上研修や、管理職向け研修、新規採用職員の心得等、首都圏の講師がZOOMを使用しオンラインで研修を行う機会が増えています。(おそらく講師謝礼の予算を使用) 双方向に意見を言い合うようこともなく、単なる講義形式です。それならば講義を全国で一本化し、希望... » 詳しく

公務員試験にAO試験を採用し、企画実行力を持つ特化型人材を増やす。

MOKUさん

自治体にもデジタル化の波が押し寄せており、誰でもできる仕事を真面目にこなす人だけでは、変化のスピードが速い時代に対応できなくなってきています。 大卒枠で公務員試験を受ける人というと、大学に入った後、大学内の公務員試験対策講座や、公務員予備校で1年くらい勉強し、筆記試... » 詳しく

申請主義

yakaさん

社会保障分野における給付に関係する申請主義をあらためていかないと、手続きをいくらオンライン化しても効果が薄いのではないか。分野によっては高齢者の割合が高く、オンライン化に投資しても費用対効果が薄く、紙ベースからの脱却もできず、紙ベースとオンラインベースの並行処理負担... » 詳しく

農業災害の補助率増嵩の改善

改善タロウさん

農地及び農業用施設災害復旧事業には、補助率増嵩制度で基本補助率農地50%、農業施設65%をその市町村の3年間の被害額や農家負担額により、補助率の嵩上げがあります。 しかし、これが農業用施設の受益者数を把握し、農家数に応じて負担額を算定するのに字図などから受益農家数を把握す... » 詳しく

ページの先頭へ