検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

マイナポイントによる給付金

smさん

主題の件、給付金をポイントベースで行うことはできないのでしょうか? 具体的にはマイナポイントのような形で給付し、かつ有効期限をつけることで貯蓄ではなく消費に回るように強制します。 昨今、再度給付金を求める声が高まっておりますが、前回の際、市場へ回るようにお願いし... » 詳しく

政界の外から政治を動かす為のデジタル議会のしくみ

八重叉彦さん

現代は教育や技術が向上し、政治家と国民の違いは「政治家であるかどうか」という程度でしかないと私は考えるので これからの政治は、デジタルを利用し「政治家という枠(存在)」の在り方そのものを更新する事が必要と考えます。 機密が必要な場合を除いて、なぜ政治の主役が「政... » 詳しく

1票の重さを平均余命で調整することによる世代間格差の是正

西口昌宏さん

政治の結果はすぐに表れるものとは限らず、20年30年先になってから選挙で選択された政策の効果が社会に現れるものも多いです。 逆に言えば、20年30年先の未来を見据えて、どのような選択をするのが最善か選択する必要があります。 そうであれば、20年30年後に現れる結果の影響をもっ... » 詳しく

非消費大国を目指す

徳村龍省さん

菅総理は2050年までに脱炭素社会の実現を目指すと宣言しました。 私が疑問に思うのは、対応策が代替エネルギー、電気自動車やエコ商品の開発などで、そもそも消費しないという視点がない(または少ない)点です。 デジタル化することは、(公開が前提ですが)多くの作業はリモートで... » 詳しく

今なら!!マイナンバーカードをお持ちの方に抽選で毎月「1億円」プレゼント!!

楽土さん

マイナンバーカードの普及率が現状25%と相変わらず低いです。そこで普及案を考えました。タイトルに書いているようにマイナンバーカード保有者に抽選で1名に毎月1億円プレゼントするキャンペーンを行えばよいのです。マイナンバーカード普及メリットがあれば年間12億円程度なら国民にば... » 詳しく

マイナンバーとスマホの合わせ技で生体認証はできないのか?

UNZEN.JPさん

スマートフォンにはすでに生体認証でログインできる機能が搭載されており、私は指紋認証を使っています。これを援用すればマイナンバーで個人特定、本人認証ができるだろうと簡単に思っていました。が、私が見る限りそのような話が見当たらないので提起してみます。マイナンバーやそのカ... » 詳しく

2020年度第三次補正予算 放課後児童クラブ等へのICT化推進予算について

繭玉さん

2020年度第三次補正予算案について 内閣府予算案の中の放課後児童クラブ等ICT化推進予算について、実際の補助項目のシステム、デジタル改革の視点からして、旧態依然のパソコン・タブレット等やWi-Fi関連など、事務処理系中心のラインナップとなっていると推察されます。 デジタル... » 詳しく

GOTO再開の条件に接触確認アプリ必須

digital_lifeさん

現在、緊急事態宣言の発出に伴い、GOTOは停止しています。時期は未定ですが、GOTOは再開されると思います。その際、GOTO利用者には少なくとも、新型コロナウイルス接触確認アプリを利用することを必須にして欲しいと思います。 新型コロナウイルス接触確認アプリは最近話題にものぼり... » 詳しく

レガシーシステムの移行支援金の給付

なかのひできさん

既にサポートが終了しているInternet Explorerのみ対応したサービスやSHIFT-JISを前提としたシステムが、国、企業のサービスにおいても多く存在しています。 それらレガシーなシステムのメンテナンスには多大な費用がかかったり、そもそもメンテナンスできないためにシステム外での運用... » 詳しく

行政手続法の改正

便器株主さん

行政手続法の改正 第七条 行政庁は、申請がその事務所に到達したときは遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならず、かつ、申請書の記載事項に不備がないこと、申請書に必要な書類が添付されていること、申請 をすることができる期間内にされたものであることその他の法令に定... » 詳しく

デジタル化の広告を真剣に取り組んで欲しい

ゆたかさん

Cocoa(コロナウイルス感染者の接触確認アプリ)の時もマイナンバーの時も思いましたが、広告してください。 お金(税金)使って作ってるのに広告が不十分で広がりや認知度や手法が伝わっていません(一応ニュースが取り上げるので何とかなってはいる)。 あと、新しいサービスのサ... » 詳しく

2020年度内閣府第三次補正予算案 放課後児童クラブ等におけるICT化推進事業

繭玉さん

2020(令和2)年度第三次補正予算の内の「計上所管:内閣府及び厚生労働省年金特別会計(子ども・子育て支援勘定)『放課後児童クラブ等におけるICT化推進事業』○放課後児童クラブ等において、業務のICT化を推進するとともに、オンライン研修を行うために必要な経費を支援することにより... » 詳しく

行政サービスの銀行・コンビニ委託 & 24時間化

KazTさん

本来、行政サービスというのは、職業分類ではサービス業に位置付けられるはずです。 一部を銀行やコンビニに窓口業務を委託するべきだと思います。 行政サービスの実態は平日の9時ー17時で窓口が閉まり、受付窓口も様々なところに分散しており、サービス業が本来目指すべき利便性向... » 詳しく

3D顔認証を導入してほしいです

はっせーさん

「顔の正面で顔認証」→顔を回して「横顔の顔認証」で本人を確定できるクラウドシステムを導入して色々な物に活用してほしいです。 他人の顔に対して正面+横顔の写真を獲得するのは困難ですし、 顔を回転している事をAIが認識できれば恐らくなりすましは難しいと思います。 この... » 詳しく

自治体が面食らわないように舵取りを

とんかつさん

デジタル改革を行う時は自治体に対する舵取りを丁寧にすべきです。 悪い例が、マイナポイント。今一つなのは、人災です。事務局の自治体を動かす腕が最低でした。 ・マイキーIDという文言を唐突になくしてマイナポイント予約と言い始める。  住民への説明を急に変えるのどれだ... » 詳しく

控除補助施策の額や率を、目標指標に対する変動制にする

Spockさん

国にも自治体にも、社会を望ましい状態に維持するために、色々な控除補助等の施策があります。こういうものの額や率を決めるのに際し、今まではごく自然に絶対値で決めていましたけれども、そうではなくて、目標指標との乖離に相関する変動制(数式で決める)にしてはどうか、と考えます。 ... » 詳しく

[事務局]第2回データ戦略TFへのご意見をお願いします。(データ整備)

内閣官房デジタル改革担当さん

(11/29事務局追記) データ戦略TFの議論は第3回TFが行われたことから以下に移行しました。https://ideabox.cio.go.jp/ja/idea/04561/ そちらでのご議論をお願いいたします。 (追記終わり) 皆様 アイデアボックスに御参加いただきましてありがとうございます。 昨日、第二回... » 詳しく

期末予算使い切りの監査

ask_yoshi_takaさん

残念ながら、行政で期末に予算を使い切る習慣が根強いようです。 来年度予算減額を防ぐためとはいえ、無駄遣いには間違いありません。 会計監査院で期末付近の執行の内部監査をしたり、期内でも週次レベルでの金額の可視化は可能だと思います。 一般的な不正検知手法を利用すれば怪... » 詳しく

新型コロナウイルス感染症対策のテレワーク助成金はもっと迅速に行ってほしいです。

繭玉さん

今後2020年度第三次補正予算で検討されている中小企業向けの新型コロナウイルス感染症対策テレワーク助成金について、今春に行われたテレワーク助成金が迅速に行われなかったことやハードウェア偏重主義ではなく、既にあるスマートフォン等を活用し、ネットワーク関連機器等やWi-Fi通信費... » 詳しく

デジタル化で精度の高い世論調査を行う

zanjibarさん

デジタル化で世論調査をもっと活用しましょう。テレビ視聴率のようにパネルをつくって世論調査をするのが効果的なはずです。特に、専門家のパネルをたくさんつくって、調査をすると迅速に世論の動向を形成できます。 » 詳しく

DXの土台づくりを最初に

OReさん

公共のDXの土台づくりに、の制度面の見直し(「会計法」、「財政法」、「地方自治法」、「地方財政法」など)を最初に検討・実行していただくことを望みます。 制度や仕組みを変えずして表面だけデジタル化を行っても、貴重な予算の浪費を行うだけで、DXの本質を実現することは到底叶... » 詳しく

救急車の準天頂衛星による頻度監視

Koaraさん

救急車に準天頂衛星みちびき(QZSS)に対応したGPS装置を義務付け、使用頻度や経路を可視化し、解析して改善できるよう統一したシステムを作って欲しいです。使用頻度が多い病院・自治体は、車両の補助を行う等して、地方創生事業として欲しいです。 救急車の他にもドクターヘリや消防車や... » 詳しく

デジタル化と国・地方公共団体の構想づくり

Kスケさん

地方・行政のデジタル化は、兼ねてから注目しており、今回の動きは急転直下という中で、私たち自治体職員も国民・市民目線に立って、対策を急がなければなりません。この半年間は、特にICT・デジタル技術を使った将来像というところ、地域の未来予想図に期待をかけながら様子を見て考えて... » 詳しく

ページの先頭へ