検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

CSVダウンロード
※ダウンロード開始まで10秒ほど時間がかかる場合がありますので、すぐにダウンロードが開始されない場合、クリックした後少しお待ちください。それでもダウンロードできない場合はこちら

標準報酬月額の簡略化

ikemoさん

あくまで事務コストの話です。 社会保険料や健康保険料の算出に使われる「標準報酬月額」だが、非常に分かりづらい。 ・4〜6月の支給額のみで決定する ・交通費が対象になっている ・賞与は対象にならないが、4回を超えると対象になる 「標準報酬月額」自体をなくすのは難しいと... » 詳しく

デジタル庁は国債発行の減少と最適予算配分をAI分析で行う準備を!

石黒猛雄さん

本アイデアは、「デジタル庁のすべきは税金の使い道透明化改革!」「デジタル庁と国と国民が協力してやるべきこと」の発展形です。皆さんと意見交換したところ、日本の改善・推進すべき課題は多岐に渡り、下記はほんの一例に過ぎず、人間だけで最適に解決出来る範疇を超えています。政治家... » 詳しく

国家試験について

アリソンさん

国家試験の中には受験資格を必要とする資格がありますが、資格を証明する書類を紙で提出しなければならないものもあります。画像添付での提出を可能としたり、受験資格自体を撤廃することで、国家試験や資格試験のオンライン化は大きく進むのではないでしょうか。また、試験の実施方法に... » 詳しく

誰もがデジタル化された行政サービスにアクセス可能なロボットを一家に一台。特に独居の高齢者に。

アンジさん

高齢者、障害者、どうしてもデジタル苦手な人でも、ボタン操作で、行政、病院の手続き、情報収集そして、コンタクトがとれるロボットの開発も必要だと思います。スマホになんでも入れるんじゃなくて、アイボやラボットのような会話が可能で、一緒にいて可愛い、楽しくなるロボットが希望... » 詳しく

Web API等を利用できる環境を

milagrosさん

Web上にはオープンデータを含め有用な情報がありますが、端末上でWeb APIやLODを利用できる環境がないため、 情報の取得や利用に時間と手間がかかります。 情報セキュリティを考慮すると全てのURLを接続許可することは難しい思いますが、 申請があれば端末から一定期間接続可能にする... » 詳しく

data.go.jpのノーコード対応

Spockさん

データのありかを示すだけでは、まだ不足です。Microsoft PowerAutomateやIFTTT等への接続口を設けて頂きたい。他にも、JSONとかXMLとか、とにかく何でも良いので、API提供及びその窓口統一をして下さい。 ただこれだけで、百倍は活用されるでしょう。 » 詳しく

マイナポータルでの電子申請について

便器株主さん

マイナポータルを利用した電子申請が11月から始まりますが、現時点では「司令塔」「責任者」「責任分岐点」なしの曖昧な仕様となっています。そもそもマイナポータルに申請用UIは置かず、申請用APIは人事給与システム・ベンダーまかせ、というのはいかがなものでしょうか。マイナポータル... » 詳しく

医療機関へのマイナンバー連携用標準アプリ配布

北本安範さん

マイナンバーカードに健康保険証の機能を付加する予定ですが施策促進には医療機関の対応が不可欠です。 中小規模の医療機関には大きな初期投資が予想されます。基本的機能は同じである。助成金を配るより、より多くの医療機関が恩恵を得られる連携アプリを配る方が合理的である。また、... » 詳しく

国の技術を有効活用できるようにして欲しい

村場裕樹さん

国で実用化した、有用なソフトウェアサービスを開発している技術をユーザーにできる限りオープンソースで解放して欲しい。 経産省のgBizINFOなどの有用なサービスをもっと取り上げていくこともそうですが、音声認識など有用な研究とサービス化されているものが実証実験ベースでは色... » 詳しく

祝祭日、税率変更などの自動取得ライブラリの提供

宇呂田タローさん

仕事で若干プログラミングを嗜む者ですが、 「消費税の税率の変更」や「祝祭日が変わったことによる営業日の計算」などで何度か煮え湯を飲まされております。 国が定めた法律などで可変する変数などは、いくらか標準ライブラリ(電子時計などと同じでネットにつないでいれば使えるもの... » 詳しく

行政のデジタル化: ICカードのQRコードを複雑なアクセストークンに

hiromichinomataさん

免許証とICカードの一体化も検討されていますが、マイナンバーカードが普及したところでICカード認証が基本だとカードリーダーのところでつまづき結局使われない可能性が高いように感じます。 一部のスマートフォンによってはICカードを読み取れますが全てではないです。ハードウェア... » 詳しく

行政のデジタル化: APIにフォーカスしUI部分は最初は開発しない

hiromichinomataさん

確定申告でe-taxを使ったことがありますが、難易度が高いです。土日に動いていなかったり、スマホやWeb対応をうたっていても結局はWindowsのデスクトップ版でしかできない操作があったりと今までいい思いをしたことがほぼありません。 とりわけMacは地獄で完全外注していて納品時期が... » 詳しく

音声認識・合成音声の独自基幹システムを保有せよ

ICTの魔女さん

社会のデジタル化が進むにつれ、行政の手続きや案内、教育、会議など、あらゆる場面で音声をインターフェイスにしたICTが普及するものと考える。役所の窓口のロボットに口頭で申請や問い合わせをする時代も近いのではないだろうか。 このような世界を実現する基幹となるのは、音声認識... » 詳しく

本人認証付きのマイポータル

北本安範さん

官民を問わず、システムがAPIを取り込めば国が運営するマイポータル(本人認証)に飛び、本人認証後に 各システムに戻るしくみ。 <メリット> ・国がトラストアンカーとなり本人の認証ができる。 ・システム個別にID・パスワードを覚える必要がなく、運営側・利用側双方の負担(コ... » 詳しく

e-Statのデータベースを最新の状態に保つための仕組み化

pさん

政府統計の総合窓口(e-Stat)で公開されている調査のうち、CSVファイルでは新しいデータが公開されているが、データベースの更新がおこなわれていない場合がある。 統計表がデータベース化され、APIで利用することが可能となっていても、最新のデータが登録されていないため、結局APIで... » 詳しく

病院・役場でのオンライン、アプリでの予約・連絡(三密や無駄な待ち時間対策)

さはらさん

アメリカでは現在、オンラインで診察予約後、各自車内で待ち時間を過ごし、自分の番が来ると携帯電話に知らせてくれるそうです。 日本でもファミレスや回転寿司店で似たシステムがあるので、アプリやオンラインで大まかな予約が出来て、待ち時間が必要ないシステムを取り入れてほしいです。 » 詳しく

ぴったりサービスの申請で世帯員情報も自己情報開示APIで取得できるようにしてはどうか?

中石さん

【アイデアの概要】  ぴったりサービスのオンライン申請でログインした本人以外の情報も自己情報開示APIで取得し、申請画面に自動で入力できるようにする。  わかりやすく特別定額給付金を例とすると、  1.世帯員の追加というボタンを準備。  2.ボタンを押すとマイナンバー... » 詳しく

ノーコードツールの活用

masahirokjpさん

国はAPIベースのシステムのみ提供し、UI/UXは民間企業(サービス事業者)に任せる形が望ましい。 既存SIerではUI部分のスペシャリストが不足しており、開発に時間とお金がかかる。 また、UI分野は若い力が活躍しており、持ちや餅屋に任せるべきである。 しかし、どうしても国側で作... » 詳しく

医療機関受診予約時のマイナンバー登録

奈良倫之さん

医療機関の受診予約時に、マイナンバーを登録し、個人を特定できる状態にする(登録方法はアプリケーションでも、口頭でも良いと思います。きっと音声認識ソフトがすぐに作られると思うので。) 患者メリットとしては、事前に保険証情報、問診情報、既往や服薬記録などなど、紐付けら... » 詳しく

登記・戸籍等のデータ無償オープン化、許認可データのオープン化

Digitalholicさん

戸籍や登記データは自分のデータであるにも関わらず、なぜそれを入手するのにお金を取られなければならないのでしょうか。税金を払っているのだからその手数料が取られるのはおかしいと思います。また、それらのデータがオープン化されていて、APIで取得可能になっていれば、様々な手続に... » 詳しく

電子官報の閲覧を無料化し、掲載を無期限に!

タツヤさん

官報には国家運営の根幹的な情報から生活に関わることまで、国の動きに関わる重要な情報が掲載されていますが、無料公表は30日間にすぎず、とても残念な状況です。 官報の情報は行政のデジタル化にも大いに貢献します。なぜなら、国が様々発信する情報は、表彰や処分なども含めて、化で... » 詳しく

はんこをなくすためのフオームサービスの提供

しろくまさん

地方行政サービスには、まだはんこの押印手続が多く残っています。市役所本体ももちろん、外部委託している手続にも多く残っています。例えばファミリーサポートのような一時託児サービスなどです。 この原因は、様式が紙で定められており、web入力前提になっていないこと、担当者ごと... » 詳しく

公設データ取引市場の設立

shin_fukuokaさん

現在、日本では、データを取引する市場は未発達である。そのため、日本企業がデータを活用しようとしても、利用できるデータが少ないのが現状である。そのため、AIの学習のためのデータも不足気味であり、AIの発展が遅れる要因となっている。  本来であれば、このようなデータ取引につ... » 詳しく

奨学金について

trustさん

・スカラネットにログインするときにIDとパスワードと奨学生番号を入れる必要がありますがIDを廃止して奨学生番号とパスワードだけにしてほしい ・マネーフォワード等の家計簿アプリと連携して奨学金の残高があといくら残っているのかわかりやすくしてほしい ・ネット専業銀行の口座も... » 詳しく

労働時間を自分で管理したい

catlikerobotさん

副業で複数企業に勤める人も多くなっていますが、今まで1つの企業が複数の労働者を労務管理する仕組みだったため、1人の労働者が複数の企業での稼働時間を管理する仕組みがありません。 立場の弱い個人事業主の労働問題解決や、ブラック企業の一掃も狙って、労務管理を個人単位ででき... » 詳しく

レシートにQRコードを

T.Mさん

「レシートには、レシート記載の会計情報のQRコードも印字すること、とできないか。」  税理士です。  小規模事業者には、複数税率で経理の手間が増している。 反面、レシートのスキャンやスマホ読み取りによる自動入力や保管なども普及しつつある。  レシート読み取りソフト... » 詳しく

行政のデータ共有とサポート組織の設置

YFさん

■背景  企業がデータ活用をする際に、行政が持つ有益な公開データも利用時にデータ加工が前提となっている。人間が見ることを前提になり表組みExcelやPDF形式のデータの場合、そのままではデータ分析には活用でず、企業で手入力するか加工している ■実施していただきたいこと  行... » 詳しく

エクセル・ワード(紙)での照会・集計をなくそう

a.lさん

自治体職員です。 本来の業務なのかもしれませんが,照会・集計に係る時間がムダすぎます。 特にエクセルやワードでの似たようなデータの入れ直し・・・ 個人的には簡易に制作できる,アンケートフォームなどを用いた統合基盤でもできればいいのにと思います。 (膨大なデータはC... » 詳しく

拡張性のあるプラットフォーム整備をマスターデータの整備を

案野裕行さん

AIやブロックチェーンなどの新技術や、ハンコ廃止などアプリケーション面でのDXは語る方が多いですが、 地味でIT素人にはわかりにくい 「各種マスターデータ(個人情報」、「法人情報」(履歴管理含む)と それにひもつける「納税や、申請」などの アプリケーションデータの整理や... » 詳しく

データを利用した次世代サービスの構築について

YYYXXXさん

地方公共団体情報システム機構の令和元年度市町村職員による情報化に関する研究会において「情報連携を活用した次世代型サービスに関する研究」をテーマとしました。全市区町村にある中間サーバーには特定個人情報の副本が格納されています。格納されている副本データをよってサービスを... » 詳しく

XMLベースのAPI/ファイルフォーマットの廃止

ikemoさん

現代では、サービスが提供するAPIはREST/JSONが基本となっている(GraphQLも増えている)。 しかし、SIerが作成するAPIはSOAP/WSDLのようなXMLベースのものが多く、 非常に分かりづらく、生産性低下の元凶となっている。 OpenID Connectだと思ったら、設計がSAMLだったというケースも... » 詳しく

eStatに完全集約!→政府統一のデータ分析基盤の構築を急ぐ

dominoさん

デジタル活用にはデータ活用促進が不可欠だと思いますが、政府統計は有用なデータの宝庫ではあるのですが、活用がしにくい状態だと思います(欲しいデータがどこにあるのかわからない、データ形式が扱いくいなど。) これらを早期にもっといい状態にしていくことが、大事だと思います... » 詳しく

資格確認プロトコルの根本的なデジタル化

Spockさん

マイナンバーカードにXXを兼用させる、というのも良いのですが、そうではなくもっと根本的なところで改善しませんか。 つまり、オンラインの「資格確認用API」を「本人認証API」が叩く、その各々を認証する、というところを法で定めるのです。 まず、「資格ID」(自動車運転免許の原... » 詳しく

相互運用性に関する責任の明確化

ikemoさん

開発時に外部サービスとの連携をすることが多々ある。 その中で使われるプロトコル、API、ファイル形式、セキュリティなどで、 標準、あるいは事実上の標準規格が使われることがある。 通常はお互いその規格に従って開発するのだが、 明らかに相手側の問題にも関わらず、こちらに改... » 詳しく

行政情報へのAPIアクセスの拡充について

七草_流火さん

現在気象庁では各種データをXML形式により提供されております。 さらに今後各省庁のデジタル化を推し進めるのであればウェブサイトでのHTML形式での情報提供だけでなくAPI等のソフトウェアからのアクセスの窓口を現在よりも拡充して推し進めるべきでは無いかと思います。 情報をHTM... » 詳しく

駐車場の空き状況の共通API化

令和彦左衛門さん

コインパーキング等の有料駐車場であれば空き状況(残台数)を把握できるシステムがあると思いますが,この状況を全国共通のAPIで情報取得ができるようにし,どのメーカーのカーナビアプリからでも空き状況の情報にアクセスできるようにしていただきたいです。 » 詳しく

在宅医療・訪問看護(介護保険・医療保険)の書類

岩本大希さん

①医師、看護師、ケアマネジャー、介護職の作成する書類について  ・電子化および電子(VPNではなくクラウド)における共有    →書類の電子化は電子カルテなどで少しずつ広まっておりますが、それらを共有するにあたり各事業者がFAXや手渡し・郵送を中心に行っています。同じ書類を... » 詳しく

e-Gov とマイナポータルの今後の棲み分け方針を明確に示して欲しい

kakipoさん

現状、社会保険関係の電子申請手続きは e-Gov あるいは e-Gov が提供している API を経由して行う必要があります。 しかし 11 月からはマイナポータルを通じての申請も可能となる予定です。 同じ処理を複数の箇所で実施できることによって e-Gov を直接利用しているユーザも、e-Gov A... » 詳しく

マイナポータル・中間サーバを活用したオンライン手続きについて

あきさん

マイナポータルでは、中間サーバに保管されている個人情報について、個人が確認できる機能がすでにあります。(APIとして提供されている?)その機能を活用し、個人に係る各種行政手続きの変更申請について、マイナポータルで可能にできないでしょうか。(マイナポータルにこだわらずAPI... » 詳しく

河川情報等にAPIの実装を

宮崎誠弥さん

現在官公庁が発表する多くの情報は、ウェブページを通して表示されるようになっています。たとえば国交省管轄の河川情報もその一例です。 https://www.river.go.jp/kawabou/html/map/sel/80/ipAreaJump_ac80_sel1_fw0.html このサイトにアクセスすると、様々な情報が画像情報とし... » 詳しく

公的文書のPDFをMarkdownなどのマークアップ言語に変更して欲しい

torobiさん

行政が発表している統計資料や行政文書がPDFベースの文章であり、データ解析をする上でPDFの解析が必要である。 PDFをパースすることはできないことではないが、テキストベースのドキュメントに比べると計算量が大きくなり支障があります。 これらを文章はマークアップ言語、統計データ... » 詳しく

政策審議状況一覧アプリ

trivial_poさん

各省庁から提出されている政策が国会の各委員会・本会議でどれだけ議論がなされているか、一覧表示から詳細まで確認できるアプリケーションがほしい。 リストの検索条件として「政策・法案名」「提出省庁」「提出日時」「可決・否決日時」「最終更新日」、また各政策の詳細ページに「... » 詳しく

ハッシュキーをもちいた個人認証システム

.kaz007さん

マイナンバーだと、番号になりますが、固有値になるのでセキュリティ懸念があります。 ようは人は読めないけど、照合可能ならいいと思ってます。ハッシュキーなら、情報を追記できるのではと思ってます。 例 マイナンバーのハッシュキー+指紋認証の数値から出来たハッシュキー+携帯... » 詳しく

デジタル文書証明機能

村場裕樹さん

ハンコをなくすという議論が色々出ていますが、それには、印鑑を押すという行為(閲覧であったり証人であったりいくつかに分かれると思います)につながるものと思います。 ファイルと複数のハッシュによって証明されている状態の文書について、確認や承認を行う(つまり印鑑を押す行... » 詳しく

決定事項・議事録・資料のDB化とフォーマット統一

Spockさん

各省庁、内閣府、内閣官房、首相官邸といったホームページには、閣議決定や各種会議の結果が掲載されています。 各々の新着情報をRSSやtwitterで見ていますが、網羅はされていない(かなり抜けがある)ため、結局HPが更新されているのかどうかをチェックする必要があります。しかしあま... » 詳しく

Society5.0におけるインターオペラビリティに基づくルール策定の重要性

石黒猛雄さん

政府システムのオープンデータ化・API化・マシンリーダブル化については、国家戦略特区が推進する「スーパーシティ」において、オープンデータ(データ連携基盤)とオープンAPI構想が進んでいるので連携して考えるべきです。 「政府システム」「スーパーシティ・スマートシティ」等のデ... » 詳しく

自治体システムの究極形態アイデア(自治体システム等標準化の先へ)

中石さん

【究極形態アイデア(粗い)】  各社が連合体となって1つのシステムを開発・運用・法改正対応を行う。  (データとシステムの持ち方を中間サーバーのようにするのか、複数自治体での共同利用かはまた要検討)  こうすることで、将来のICT人材不足を解決するとともに、情報連携だらけ... » 詳しく

自治体業務システムの機能サービス化(API化)を必須要件に

KSKさん

住基・税・国保また文書管理・財務会計などといった自治体の業務システムは、一定の業務範囲の括りにおいて、各々関連したデータのまとまりごとに離れ小島の如く点在しています。 今後、真正なデジタルデータの流通が進むとともに、スムースに事務の効率化へつなげるためには、システム... » 詳しく

役所のPC作業をプロセスマイニングで分析→RPAで自動化する。

MOKUさん

プロセスマイニング(接続されたPCの入力内容やどこをクリックした等のアクセスログを集約し、ビッグデータとして解析可能なツール)を使用し、役所内部のPC操作で無駄な繰り返しや各部署で重複した作業が無いか確認することができます。職員のPC操作内容をソフトで分析するツールなので... » 詳しく

ページの先頭へ