検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

情報銀行はマイナポータルで運用すべき

Spockさん

情報銀行は、個人情報の商用利用(有償利用)という意味合いが強いように思われますが、情報へのアクセス権コントロールという面で考えると、中央省庁管轄にすべきではないかと思います。 つまり、アンケートや行動記録のようなものと、収入状況や資格、住所などといったものは、どちら... » 詳しく

医療カルテ情報のクラウド管理について

hiro2006さん

以前からおかしいなぁと考えていたのですが、 総合病院を除き病院は専門毎に領域を分けて運営されています。 例えば、消化器内科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科などなど 当然ながら人間の身体は全て繋がり各部位は関連性を持って生きています。 そのため医療カルテも各々の医療機関... » 詳しく

介護サービスにおける押印

ぱぱりんさん

介護・福祉事業所におけるデジタル化の推進は、進めるべきであると思う サービス提供には、スピードも重視されるなかで、カルテの電子化が進んでいるが、最終的に紙媒体におけるサインや押印が、重要視される 核家族化が、進んでいる現代で、海外を含めた遠方に暮らす家族にご足労をお... » 詳しく

病院カルテの一括管理

モハマドさん

マイナンバーカードが健康保険証になるのであれば、個人がお薬手帳を持つことの無くナイナンバーカード側で管理する。病院のカルテもマイナンバーカードで保有し、病歴も言った病院で医師が見れるようにする。どこの病院に行っても過去履歴を閲覧出来て、1日に病院2件行って2回血液検査す... » 詳しく

カルテの共有による病院間連携

keitaさん

原因不明の難病(かもしれない)の時はもちろん、ちょっとした咳が止まらない、皮膚病でも、原因が不明で病院を渡り歩くことはあると思います。 その時に、毎回1から症状を説明し、同じような検査を繰り返すのではなく、カルテを電子化、共有サーバにアップロードし、 マイナンバーカ... » 詳しく

全国民が2枚のカードを終身で使用管理する。

星の王子様さん

ゆりかごから墓場まで、全国民が2枚のカード「マイナンバーカード」「社会福祉カード(仮称)」をクラウドサーバーへのキーカードとして使うことにより、生活の利便性を上げる。 社会福祉カード(仮称)運用方法 1.誕生と同時に親が申請して取得し、自分で管理できるようになるまで代... » 詳しく

カルテ情報の一元化、共有

KubotaMasahitoさん

診療先が複数にまたがると、紙の診療情報提供やROMで情報共有する事になり、どうしても手間やバイアスが生じてしまいます。 マイナンバーや保険証にカルテ情報を紐付けしてどの医療機関や薬局でも情報を同期することができれば、医療者側の疎通性が最適化され、患者さんにより良い医療... » 詳しく

マイカルテ

咲間緑子さん

マイカルテという表現が正しいかわかりませんが、生まれてからの既往歴が分かるように自分でカルテを持っていたい、と思っていました。 服用している(していた)薬、診てもらった病院名・医師名、検査内容、診断結果等、次にどこの病院でお世話になってもそれを見さえすれば大体の事が... » 詳しく

ページの先頭へ