検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

アイデアボックスに相当するものを利用して、公務員定数を見直す

雪見餅さん

どこに人手が本当に足りていないか、それを証明する手段が今までなかったことが問題だと思い、それを解決するために、やはりアイデアボックスのような存在が必要だと思うので、アイデアボックスの積極的な使い方を提案します。最初にするべきは、抱えた仕事をこなすために、公務員の定員... » 詳しく

郵便振替用紙の廃止を希望

tteさん

ゆうちょ銀行では口座への振り込みの代わりに、既に廃止された、郵政民営化以前の制度である用紙を使った郵便振替まだ残っている。 オンラインでの送金に比較して、郵便振替はゆうちょ銀行営業時間内に窓口に行くかATMでしか扱えず、用紙がない場合は窓口に行かざるを得ない。郵便局と違... » 詳しく

バックエンドの自動化の推進

aetosさん

# 漠然とした内容で申し訳ありませんが… 国民目線から見ると、様々な手続き・申請がデジタル化されることは、便利であると感じます。 一方で、それらに対応する機関の側はどうなのでしょうか? 電子的な方法で提出された要求に対して、役所の人が目視でチェックして対応しているよう... » 詳しく

労働集約的産業構造のIT業界は雇用対策の切り札では?もっと金を流すべき。

ITkaizennさん

日本の自動車がEVで敗れた場合、自動車の生産も労働集約的部分があるから大量に職を失う人がでてしまうが、日本のIT業界もまた同じく労働集約的であり、人手が必要でしかも成長分野であるから雇用も作りやすく経済効果が高い。 ITでは無く違う分野に注力すべきとも一時は思ったが、雇用... » 詳しく

IT人材集めるのに公務員の副業OKにしてみてはどうか

ITkaizennさん

公務員は基本副業できないですがそういう時代でもなくなってきています。ましてやIT人材はスキルがあるので自分で稼ごうと思えばパソコンあれば何処でも稼げます。 公務員にIT人材が寄り付かない理由の一つに給与の低さがありますが、今時副業できないってのも大きいと思います。 少子... » 詳しく

不幸を減らすための、パーソナライズされたAIアシスタントの活用

DX2024さん

Society5.0 による不幸の最小化として、ふと考えました。 テクノロジーですべての人をハッピーにすることは現実にはなかなか難しいですが、 テクノロジーを活用するといくつかの不幸は減らせると思います。 AIによる、交通事故の抑制はそのひとつの例だと思います。 他にも、知的な... » 詳しく

認知症患者の対策

克裕さん

認知症の患者の年寄りの相手は大変です。介護士や福祉のスタッフだけでは人手が足りません。そこで適材適所なのが話し上手、聞き上手の店員がいるスナックです。会話したりカラオケをしたり軽食をしながら楽しむのはどうか?認知症予防にも良いと思う。認知症患者や認知症予備軍をターゲ... » 詳しく

復興庁の被災地訪問のデジタル化

ともかわさん

元震災被災地職員です。  復興庁の本庁からの被災地視察が毎月の様にあり、各種図面や資料を事前に提出を求められているにも関わらず、彼らは手ぶらで来ます。各県の出先に事前に資料を提出する訳ですが、出先でも本庁でも資料の印刷などはしてこないため、毎回被災地の災害担当職員... » 詳しく

プロセス全体の最適化

Hiromiさん

行政における各種手続きにおいて、公平性などに過度に捕らわれるあまりに無駄な手間がかかり、結果として処理効率が悪化したり、機会損失を招いているケースが多々あると思います。 例えば、旅費精算ルールにある「経済ルートを選択しているか」の確認に多数の人手をかけ、数百円の支払... » 詳しく

議事録、協議メモ等作成罪の制定を!(笑)

タツヤさん

議事録はAI文字起こしを用いて自動化することを原則(修正には人手がどうしても必要となってくる)とし、その事務量をベースに人員や予算を配分してはどうでしょう。 地方自治体についても、それをベースに地方交付税配分に用いる各自治体の基準財政需要額を算定することとしてはどうで... » 詳しく

健康保険証をマイナンバーカードで使えるように

飯沼一元さん

現在、医療機関を受診するには、健康保険証と診察券が必要です。 これをマイナンバーカードで受診できるようにしてください。 医療機関での診察券と健康保険証との人手による突き合わせ会計処理、 処方箋の発行、薬局のおくすり手帳等膨大な紙処理が不要になるばかりでなく 国民の利... » 詳しく

まずは役所システム

sofutoyaさん

長年汎用機で自治体の住民記録、税、外国人登録システム開発を行っていました。運転免許証システムも同じく。 ただ運転免許証システムは46都道府県は同じシステムです、DBが違いますが。しかし地方自治体は様々なシステムであり作りなおすほど費用も時間もかけられない。ビッグデータで... » 詳しく

ページの先頭へ