検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

行政手続きオンライン化のゴールは?

🌙MoonShineさん

ぴったりサービスを利用して、役所に行かずとも電子申請はいいのですが、 役所は滅多に行かない場所。国民が何を申請しなくてはならないのか、まず分かりません。 例えば、「出生」したとき、「Yahooくらし」だと、7つの手続きが必要ですとでてきます。 7つの手続きが分かったとこ... » 詳しく

転入先市町村に提出の必要がある転入元市町村の紙書類廃止とオンライン照会化

ホックリーさん

転出に伴って書類による連携が必要な手続きは、廃止及びオンライン照会が可能な仕組みを取り入れるべきと思います。 例えば国保の「特定同一世帯所属者異動連絡票」は保険料(税)軽減の判定に必要な連絡票であり、転入元市町村から発行され、それを持参して転入先市町村に提出する必要... » 詳しく

特定健診実施時にもオンライン資格確認を実施するように改正を

のえるさん

国民健康保険が行う特定健診も医療費と同じように、資格喪失後にも変わらず特定健診を受診し、特定健診の料金に過誤が発生している状況である。 例えば10月1日から社会保険に加入している(社会保険の扶養者になっている)にも係らず、国保法上14日以内(実際はもっと過ぎてから届出す... » 詳しく

国保標準化システムの税務システムとの統一について

市役所職員さん

現在17業務のシステム標準化に向けての工程表が総務省にて公表されておりますが、その中に国保は入っていません。 おそらく厚労省が作成した標準化システムの導入の義務付けとなる見込みでしょうが、市で国保税の賦課、収納の業務を担当している者としてほ、市県民税と同じシステムを使... » 詳しく

自動車税等の税金納付書類に入っている書類一式をゼロに

yamaさん

自動車税や国保や社保など役所が発行する税金納付書類の封筒の中には必ず紙が10枚以上入っているが、毎月その中から振込用紙を取り出して払っている人からすればすぐゴミになるだけだ。説明が欲しい人もいるので廃止しろとは言わないが、不要と申告すれば次の月からは振込用紙だけを送る... » 詳しく

DXする前にデジタル化に向いた事務運用への変更を

りーふさん

デジタル化する前に、デジタル化後に向いた事務手続きに法改正し、システム化をすれば無駄がない。 具体例を言えば……転出届を廃止して転入届データを住基ネットで転入先から通知として送信し、転出元は職権消除で転出記載。 住基付帯事務の国保、介護、後期医療、異動に伴う義務教育の... » 詳しく

オンライン資格確認開始に伴い、国民健康保険の資格喪失の届出を廃止するように国保法の改正をして欲しい

のえるさん

現状国民健康保険(以下国保)の加入者が社会保険等(以下社保)に加入した場合、世帯主が国保の資格喪失の届出を市区町村にしなければならないことになっている(国民健康保険法第9条)が、就職した会社が社保加入の手続きだけではなく、国保の資格喪失の手続きも行ってくれると勘違いして... » 詳しく

市町村職員の広域的な異動

あきさん

市役所で働いている者です。 基礎自治体の仕事は、もちろん法令・条例に基づいて行いますが、 税や国保、介護、こどもなど部門、総務、企画、情報などの部門など1つの会社の中に様々な部署があり それらの部署を正職員は3~5年で異動がほとんどです。 関連する部局に異動することも... » 詳しく

法の改正

情報太郎さん

未だに、紙時代の法律を前提に、読み替え規定等で対応しているが、 今回の住民記録システムの標準仕様においても、米の配給など活かしているほか、他業務連携の他システムから情報を取得することになっている。 しかし、法律では住民記録台帳に対し、国保の資格有無など本人からの申し... » 詳しく

ページの先頭へ