検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

アメリカの公立学校におけるオンライン化の現状

林田さん

最近はコロナ禍でZoom等を使ったオンライン授業が進んでいますが、アメリカの公立学校では10年以上前からあらゆるシステムがオンライン化されています。 まず成績通知表はウェブまたはアプリで確認できます。リアルタイムで宿題や課題の提出状況やスコアを見ることができます。担任と... » 詳しく

訪日観光戦略としてワーキングホリデー制度の活用とオンライン申請

aom-visaさん

オーストラリアは観光立国として日本が参考にする多くの政策があります。 その1つはワーキングホリデー制度の活用です。 1)オンラインでの申請 「ワーキングホリデー」=通常の観光とは異なり 「観光+就労」が可能で「1年」居住可能、という長期滞在のビザです。ほとんどが先... » 詳しく

メルボルン商工会議所より 改革案④ 海外での日本の公共サービス改善1

JCCIMさん

メルボルン日本商工会議所からの提案です。 海外での日本の公共サービス改善について 1. 在外選挙登録・戸籍関連サービスの簡易化 ・在外選挙の登録をオンライン化 ・当地(豪州)での出生届等の手続に必要な書類取得、提出のオンライン化(戸籍謄本を日本側家族で取得、当地へ郵... » 詳しく

メルボルン商工会議所より 改革案③ 観光促進

JCCIMさん

メルボルン商工会議所会員にアイデアを募りました。 観光促進について 改革案 1. 外国人の訪日時サービスの向上 ・短期滞在者向けビザの申請手続きのオンライ化を含む簡素化・迅速化(居住国確証の活用、その為の二国間連携システムの強化等) ・長期滞在者向けの在留資格認定... » 詳しく

メルボルン商工会議所より 改革案② 海外における子女の教育

JCCIMさん

メルボルン商工会議所会員にアイデアを募りました。 海外における子女の教育について 改革案 海外での教育に関わるシステム・サービスの電子化、オンライン化 ・海外の日本人子女に対するデジタル教科書の安価な配布(タブレット利用促進、政府補助支給等) ・海外の日本人学校(... » 詳しく

メルボルン商工会議所より 改革案① 海外における企業の円滑な活動

JCCIMさん

メルボルン商工会議所会員から募ったアイデアを投稿させていただきます。 輸出入手続の簡素化と信頼性強化について 改革案 ・通関手続きの更なる簡素化・迅速化(オンライン化、二国間、各ステークホルダー間情報共有の効率化) ・日本の製品・農産物等の高度な品質を保証するブロ... » 詳しく

学校保護者間の連絡等デジタル化について、海外の事例と提案

このはさん

現在オーストラリア在住の子育て世代です。こちらで使われている学校連絡のアプリが日本の学校におけるデジタル化の参考事例になると思うのでアイディアを投稿します。 入学時に保護者は学校指定の専用連絡アプリをダウンロードし、学校から渡された個人アカウント詳細でログインしま... » 詳しく

ITの教育改革を行うべき

座間健さん

最近カナダやオーストラリアなどの海外にいる日本の学生などと交流する機会があり 彼らが学習している内容を聞いていると、日本の大学で自分が学習していた内容に比べると かなり実践的で現場に行っても役立つ内容が充実していたように感じた。 また基礎的な部分に関してもきちんと教... » 詳しく

平井大臣、オランダでは、全国の病院で、医療情報が、取り出せる。

タカタカバさん

その1、 共同通信の記事、財務省が、75歳以上の、医療費を、2割負担に引き上げると、「大反対です、だいたい有権者で、投票率が一番高いのは、60才台と70才台ですよ」、「このままでは、次回選挙で、自民党は大敗北しますよ」、共同通信の、電子版記事。タイトル名、財務省、2... » 詳しく

エストニアのDigiDocの実現

デジタルコンシェルさん

前職でエストニアの技術を提供する企業にいた関係で、自分自身もe-Residencyを持ち、エストニアの技術に触れて参りました。 その中で日本に居てもとても便利だと感じたのがDigiDoc(https://en.wikipedia.org/wiki/DigiDoc)でした。 これは、エストニア政府が発行しているIDカードを使... » 詳しく

マイナンバーと生体認証の連携を!

RiceGateさん

インドのようにマイナンバーと生体認証を連携すれば、マイナンバーカードを配布しなくても、スマホなどで個人認証して、オンライン行政サービスやオンライン商用サービスを利用できるようになる。 日本でも、既に空港の出入国審査では、J-BISという生体認証を利用した個人識別システムを... » 詳しく

ページの先頭へ