検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

行政の量子暗号通信へ

チャオさん

行政の量子暗号通信へ インターネットなどではさまざまなデータが暗号化されて通信されていますが、計算能力がスーパーコンピューターをはるかに超える量子コンピューターが本格的に使われると今の暗号は簡単に解読されるおそれがあることから、次世代の暗号技術「量子暗号通信」の開... » 詳しく

デジタル社会の「世帯」の扱いについて

nanashiさん

既に課題に挙げられていましたが、デジタル化にあたり「世帯」をどう扱うかが問題です。住民票の見直しは不可欠で、「日本国籍・居住登録証明書(デジタル国内パスポート)」といった名称で、登録者:個人、世帯登録:配偶者・子・75歳以上の両親とし、75歳以上の高齢者の免許更新や金融... » 詳しく

SAR値のカタログ記載義務化

yamaさん

携帯電話の電波が体内に吸収されるエネルギー量の事をSAR値と言いますが、マスコミも一切報道せず、店頭の値札に記載もなく、カタログにも記載がなく、公式サイトの奥の方に小さく書いてあります。私はSAR値の低いスマホを好んで使っています。そういう人には比較が不便なのが現状です。... » 詳しく

クラウドインターネット(仮称)の開発

雪見餅さん

インターネットのアクセス経路を追跡に暗号解読が必要なクラウドのようなインターネット環境を開発してほしい。 クラウドのようなインターネット環境とは、ランダムに選出した無数のネットのアクセス経路をたどって2点間の情報機器のアクセスを実現するという方法で、ランダムに選出... » 詳しく

5Gの整備

みれさん

自宅には光回線入ってますが、周囲に人家がそこそこあっても、 携帯電話の電波が入りません。 今後、自動運転や遠隔医療(救急への通報も含め)、停電の際に情報が入らない等、取り残される地方がたくさんあると思うので、5Gの整備を田舎にこそ進めて欲しいと思います。(まずは4Gから…) » 詳しく

5G特有のエンタメ系XRアートアプリの各社キャリアメーカーとの協力での政府主導の実現

山岸寛光さん

全国の全ての駅、空港、信号機、公園(世界遺産含む)やドーム/スタジアムや東京スカイツリーやユニバーサルスタジオジャパン等の主要観光地や渋谷等の繁華街や携帯ショップ等に5Gを徹底設置して、5G特有のXRアートアプリを政府主導で各社キャリアメーカーとの協力で実現する。 コロナ... » 詳しく

5Gで絶対途切れない発火ゼロ/劣化ゼロの熱吸収で無尽蔵に自己発電するブラックホール電池の採用

山岸寛光さん

5Gのミリ波は遠赤外線の発火問題を起こす可能性が高くなり対策が必須です。 5Gでの手術や自動運転で絶対に必須条件となるのは如何なることがあっても絶対に途切れない「サステナブル」でございます。 特にエネルギーに関しては災害時のデジタルのサステナブル性の要なので、電力会... » 詳しく

国民の健康のため、電磁波安全基準はスウェーデン並みにすべし

砂川さん

デジタル機器がますます身近なものとなっていくにつれ、電磁波が人体の免疫力をわずかに落としていくことが懸念されます。わずかに、というところが痛いところで規制が甘くなっていますが、それが長期的に続くものですから結局は健康被害が大きなものになると思われます、特に電磁波過敏... » 詳しく

5G搭載XXカー

Spockさん

先日、5Gと手術ロボットを搭載した手術車が実験に成功した、というニュースを見ました。従来でも移動販売車の類は存在しましたが、5G接続とその背後にいる専門家の存在を前提にすることによって、このXXカーのバリエーションはもっと増えるのではないかと考えます。 それは、一言で言... » 詳しく

通信インフラの「上下分離方式」による整備推進

m.hidehiroさん

通信回線も、整備新幹線や地方鉄道のような形で上下分離方式にすることで、整備を推進できないでしょうか。 通信技術は日進月歩で進んでおり、対応には民間の競争に任せる方が良いと思います。 しかし、それだけでは厳しい面も。たとえば高速な5Gが地方に来るには時間がかかります。 ... » 詳しく

5G時代のノーベル賞級の技術

山岸寛光さん

5G時代では、将来の自動運転を見越した絶対に途切れないサステナブルな電源環境と5Gのミリ波(性質的には、遠遠赤外線)の熱問題による蓄電池のヒートアップ問題解決と、超ハイスピードリアルタイム応答性によるIoT機器のセキュアな「エッジデバイス」と「エッジコンピューティング」が台... » 詳しく

ページの先頭へ