検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

投稿されたアイデアをダウンロードしたい方はこちら

第二期政府共通プラットフォーム(AWS)運用コスト削減案

にんにく増し増しさん

第二期政府共通プラットフォームにAWSを採用、とのことですが、今後の拡張に関して提案があります。 いきなり全てのサーバをクラウド上に移管する、というのではなく、少しずつ更新のタイミングでクラウドに移していく、ということになるはずです。  そうなると クラウド完全移行後... » 詳しく

  • 0ポイント
  • 9
  • 6コメント

緊急連絡をインターネットで一本化、情報共有

北本安範さん

現状、事件,事故災害が起こった時の通報は警察、消防などへのそれぞれへ電話で通報が基本である。 通報者を中心に一度に状況を知らせて関係組織が同時にその状況を知り支援の手を差しのべられるサイトを構築で来れば国民のためになる。 ーアイデアー 1.サイトは簡単にURLで誰も打てる... » 詳しく

  • 5ポイント
  • 6
  • 1コメント

標準化の作業は自治体加で各地の情報産業振興を図りつつロックイン解除

たこすけさん

標準化で国が仕様書を作る…のもすんなりいかなさそうですが。 「各ベンダーが実装して互換性を出す」というのは無責任だし、無理です。 これで起きることは、東京の大手がどーんと仕事を取って、地元のIT系学校卒業生はSESに吸収されてドナドナされて万里の長城を構築するがごときの... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 9
  • 2コメント

大規模災害発生時の通信/通話料を無料に

yamaさん

災害救助法が適用されるような大規模災害が発生した地域では、その期間中の通話料、通信料は一切無料とすべき。容量制限が掛かっていたとしても自動で無制限に解放してあげるべき。 また基地局故障等で通話や通信サービスが通常通り提供できなくなった場合、日割りでユーザーに返金すべき。 » 詳しく

  • 1ポイント
  • 6
  • 2コメント

大災害に備え、対応フローとリソースのデジタル管理を

kzdさん

災害発生時の対応フローやリソースを、状況の変化に応じて随時更新できるデジタルデータで管理することを提案します。 書類ベースの工程表やフロー図では、状況に合わせて対応を柔軟に変更したり、リソースの稼働状況や供給状況などをリアルタイムに把握したりすることはできません。 ... » 詳しく

  • 8ポイント
  • 9
  • 4コメント

データのバックアップ戦略

日本ミツバチさん

デジタル化したデータをどこに置くのでしょうか?日本は災害が多いのでバックアップは複数必要で日本各地に分散する必要があると思います。もしかしてブロックチェーンで保存するのでしょうか?災害や戦争に巻き込まれた場合にサーバーが破壊された場合を想定する必要があります。例えば... » 詳しく

  • 1ポイント
  • 12
  • 11コメント

国営の陸・海・空ナビゲーションシステムを導入しようぜ 2/2

MEN-Rさん

[国営の陸・海・空ナビゲーションシステムを導入しようぜ1/2からの続き] [人工衛星通信・次世代高速通信等の相互通信を利用するなどの発展型] <前提条件> ・人工衛星通信・次世代高速通信等の相互通信を利用する   高速道路や主要幹線道路・交差点などに次世代高速通信の送受... » 詳しく

  • 0ポイント
  • 2
  • 0コメント

知的障がい者、認知症の人が徘徊等で行方不明になったときのデジタル小電力コミニュティ無線機での捜索。

hideさん

認知症の人が徘徊等で行方不明になったときの捜索の デジタル小電力コミニュティ無線機の利用拡大について 行方不明者が認知症、知的障がい者、児童等の場合 行方不明者の家族、知人、施設職員が捜索するが、 市役所の認知症サポーター:約6万人いて メ-ル等で行方不明者の特... » 詳しく

  • 6ポイント
  • 9
  • 13コメント

東京一極集中の解消とIT

idoidoidoさん

何度も議論があったと思いますが、ITの活用方法が今回のコロナで周知されてきたので対応できそうかと。 三権のうちどれかを地方に移動させましょう。 裁判所の場合、地方裁判所はそのまま、高等裁判所、最高裁判所は1ヵ所のみでWEB会議で繋ぎ裁判。 移動工数も0にする。 高等裁判所+... » 詳しく

  • 0ポイント
  • 7
  • 1コメント

大規模災害時の派遣情報共有システム

伝説のインストラクターさん

DiMAPS・DMAT・EMISTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)(DHEAT)の情報統合システムをもとにプロフェッショナルの災害派遣を適材適所に指示派遣できる情報共有システムを全国市区町村1724に至急構築すべきと考えます。0からする必要はありません、つなげればよいだけです。災害は待っては... » 詳しく

  • 3ポイント
  • 3
  • 0コメント

自助供助と公助をつなぐIOTの提案

伝説のインストラクターさん

大規模災害時の一時救命割合、自助70% 供助28% 公助2%の現状割合を飛躍的に向上、特に公助による救助スペシャリストの性能を最大限に発揮できるIOT提案です。最も大切な人命を失い、経済破綻を招かんとする、大規模災害を最小に押さえるために、早々の御決断をお待ちしております。詳しい... » 詳しく

  • 2ポイント
  • 4
  • 3コメント
ページの先頭へ