検索結果 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

個人データの管理など

Noriaさん

マイナンバーの漏洩、年金機構の情報漏洩、LINEのケースがありましたので、日本人の個人情報の管理について、非常に懸念しています。  ・ データは集積されれば、資産価値があります。また安全保障上の観点からも日本人、日本国のデータは、経費がかかっても、国内で賄うべきと思い... » 詳しく

新たな提案が少ないので、顔写真とマイナンバーのみでの認証の検証

yuukaさん

どうせやるならとことんぎろん、 顔写真の認証精度99.99%とする? マイナンバーはメールアドレス並の扱いとする? パスワードは4桁ロック機能(3回失敗の場合) 各申請など使いみちで生体認証使い分け(親指から小指まで指紋5種など)最終条件とする (ワード忘れ... » 詳しく

マイナンバーカードを発行せず、スマホに同機能搭載のみにする方式

北本安範さん

現行のプラスチックカード(マイナンバーカード)の発行することに固執していないだろうか。マイナンバーカードの機能がスマホに搭載できるのなら、発行時にプラスチックカードは要らないので最初からスマホに機能搭載する方法のみも認めれば、効率化が図れないでしょうか?(プラスチックカ... » 詳しく

「デジタル社会のパスポートのようなもの」と「最高位の身分証明書」の意味が分かりにくい

雪見餅さん

平井大臣の動画におけるマイナンバーカードの説明において、頻繁に「デジタル社会のパスポートのようなもの」と「最高位の身分証明書」という単語が出てきますが、分かりにくいと思いますので、ちゃんと意味を伝えたい場合、もう少しかみ砕いて説明した方がいいという提案です。 ... » 詳しく

5Gが普及すると

yuukaさん

5Gが普及すると家庭用ロボットの電子頭脳は不要になる、通信先のお姉さんが、会話と料理をしてくれる。ロボットが自立行動しているのか、ネット接続かわからなくなるが、感情的になって打たれることもある?どちらがいいのか? » 詳しく

税務署の納税証明書を条件付きでいいからコンビニで

ジェムさん

市役所の課税証明書は現在でもマイナンバーカードで取得できます。 税務署の納税証明書も取れるようにしてください。 もちろん、問題点があります。申告や納付した直後のデータが反映されない点などです。 しかし、現時点のデータで発行できる情報をプレビュー画面等で表示し、 「こ... » 詳しく

外国人詐欺グループ対策のためにマイナンバーカードと銀行口座の紐づけを日本の銀行口座に限定する

雪見餅さん

その内、マイナンバーカードと銀行口座を紐づけすると思いますが、外国の詐欺グループに、外国の口座と紐づけるような行為が巧妙な不正行為が行われることが想定されますので、最初から日本国内の日本の銀行口座だけを紐づけるように、デジタル庁は法律で規制してほしいです。 詐欺グ... » 詳しく

脱ハンコ進んでおりますでしょうか?脱ハンコが進まないなら発想の転換が必要かもしれない。

ITkaizennさん

未だ脱ハンコに向けた話がここまで来ない。このままだと回覧で回ってくるチラシを見たよハンコから見たよサインになって終わってしまいそうだ。 そこで、脱ハンコが無理ならハンコを変わりにもらいに行ってくれるペッパーくん的な決裁ロボットを置けば良いのではなかろうか。ロボットに... » 詳しく

物理的なモノづくりが業務の企業へ、リモートワーク導入のインセンティブ(見返り)として、法人税の控除を

モノづくりは日本の個性・強みであり、雇用と経済の双方の大黒柱であると言えます。日本の高い技術力は、今後も継承し続けるべきでしょう。日本から技術力が消えれば、日本は安い労働力が売りの国になると思います。しかしながら、その高い技術力は、実際は、ごく少数のオリンピック選手... » 詳しく

中小企業のセキュリティ管理の指針の必要性について

yuudai2さん

現在、コロナが原因で社内のパソコンに色々な種類のリモートソフトが一斉にインストールされ、リモートワークが実施されようとしています。 機密情報などのデータは特になく、外部の者が侵入してPCを操作することも勧化にくいですが、消されることは脅威です。 そのため社内の防御と... » 詳しく

公務員の居住地制限についていかがなものか

ITkaizennさん

公務員の居住地制限について少々疑問がある。居住地の制限がかかってない自治体もあると思いますが、掛かってるところも多いと思います。特に地方役場等では。 居住地規制はもともと採用条件に明記されている場合もあれば明記されていないこともある。 明記されていなくとも入ってみた... » 詳しく

デジタル双方向テレビで選挙の投票をする

大堀勝さん

なかなか三密を防いだりなるべく沢山人には会いたくないものです。そこで選挙で人に会わず外に出ず投票出来るデジタルの双方向テレビで投票出来る方法を皆で考えるのどうですか。スマホやパソコンも当然ですが、お年寄り普通の人が気軽に手早く投票出来る仕組みだと良いと思います。NHKか... » 詳しく

【喫緊】国会、政府のテレワーク

TTakéさん

現在、首都圏の1都3県を対象に緊急事態宣言が出され、永田町のある東京都は「緊急事態措置」が講じられています。特に都市部ではステイホームで外出を控えて蟄居し、多少の無理があってもテレワークが強く求められています。そして我々もそれに応じているところです。 内閣及び議員の... » 詳しく

GoTでBEV・PHEV・PHFCVの充電をPnC化

dnj-iさん

プラグイン車自体をモバイル需要場所とし、日本のどこでも、ただの自動車用コンセント等、課金装置なしの充電設備に繋ぐだけで、その自動車の所有者に請求を飛ばせるようにする、要はPnC; Plug and Chargeできるようにする、将来的な構想である。 現在の普通充電・急速充電の課金の仕組... » 詳しく

戸籍

Yassanさん

戸籍の紐付けを提案します! 戸籍謄本のやり取りは全てアナログです。本籍が変わる度にそれぞれの自治体に謄本請求を、書面郵送で行わなければならず時間と手間がかかります。 戸籍制度は、出生から死亡まで自分が自分であることの証明をするには必要な制度だと思います。 https://t... » 詳しく

A.いつでも簡単に手続ができるようにします

内閣官房デジタル改革担当さん

ログインしてからオンライン申請を利用する場合、行政機関等にある自分の情報や申請履歴を活用して、過去に入力した情報は再入力する必要がないなど、簡単に申請できるようにします。 このデザイン・機能について、分かりやすい、使いやすいと感じたか投票ください。 (分かりやすい、... » 詳しく

災害復旧能力向上とガバナンスの再構築

北本安範さん

東日本大震災などの災害での不具合を多く経験してもなお、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)に相当する統制を瞬時に発揮できないがゆえに電力喪失→原発事故となったと私は思っている。船頭多くして船山に上るのことわざ通り、能力はあるのに発揮できなかった。その後でも、災害支援... » 詳しく

マイナンバーカードを使って仮想空間で出社したい

ITkaizennさん

VRと合わせて仮想空間で出社できるシステムがあるらしいが、これを拡張させてマイナンバーカードで本人認証してアバターができて仮想空間で出社して情報にアクセスできて仕事ができたら素晴らしいと思う。 そんなシステム公務員にも導入してほしい。 » 詳しく

自動運転タクシーの一部区間実用化を

ITkaizennさん

アメリカのウェイモとか自動運転始めてるらしいです。 田舎にはタクシーきません。 地下鉄ありません。 電車ありません。 バス一日2本。 道は暗く高齢者も大変そうです。 田舎にこそ自動運転早く実用化してほしいです。 » 詳しく

死亡届を以て、サービスを解約する法律 (Part1)

江端浩人さん

Facebookで見つけた投稿です。 デジタル化すると解約できないサービスが増えてくると思います。 死亡届を持って課金サービスを解約できる法律を作るべきではないでしょうか? 、、、、、、 父は4月13日に亡くなっています。8月以降の契約は自動継続かもしれませんが、遠隔に住む... » 詳しく

遠隔地に出かけなくとも目的を達成してくれる目

信長たろうさん

デジタル革新に向けて、「自撮り顔動画が仮想職場に出勤するAI電子勤務システム」を提案中で、このシステムによって効率よく仕事(仕事効率3倍)をし、またAIが勤務管理や人事評価を行えるようにし、さらにオリンピックアプリで、選手と遠隔地からの応援が一体化(課金システムで黒字化も... » 詳しく

世界一安全な乗り物=空中鉄道

信長たろうさん

二年前頃に空飛ぶ車が話題になり、「オリンピック聖火台の点灯を空飛ぶ車で やりましょう」という計画まであったようですが、私は一貫して空飛ぶ車は危険 だからやめて欲しいと申し上げておりました。  ドローンの第一人者と言われる〇〇さんと懇意にしており、再三再四ご進言を し... » 詳しく

70代から80代をメインターゲットに「もう一度働く」「ふれあいと介護」をテーマにイベントを企画する

雪見餅さん

70歳くらいになると、60代までに稼いだ生活資金が段々と目減りしていると感じる人が増え、65歳で退職金をもらった人も、使いすぎて貯金が無くなって慌てる人が出てくると思います。なので、もう一度働かなければならないなと考えるのが、70代に入った人たちにとって重要なことだともいま... » 詳しく

遠隔でない遠隔医療

Spockさん

https://spockshightech.blogspot.com/2018/12/blog-post_2.html 遠隔医療というと、自宅ないしは介護施設や老人ホームで日々の健康診断、と想像してしまう。しかし、これをもっと積極的に利用しようとすると、別の形態が考えられるのではないか。 患者の行き先は病院である。え、... » 詳しく

電子投票が実現されても、選挙内容に応じて電子投票を実施しないことの提案

雪見餅さん

提案内容:例えば憲法改憲に関わる選挙など、不正の危険が大きすぎる大規模な選挙で電子投票を避けて、紙の投票の選挙を実施するなど、選挙方法の場合分けを行い、選挙不正のリスク管理をする方法を提案します。 提案背景: @04836のアイデアで電子投票に対して、票の不正な操作が... » 詳しく

自治会対抗のネット将棋大会

MOSMOSさん

自治会対抗のネット将棋大会を提案してみます。 (私の趣味が将棋で、事情をよく知っている大衆文化のため) ネット将棋の対戦画面をプロジェクターで拡大投影する。 集会所に集まった出場チームが相談して指し手を決める。 これによって、全国に散らばる対戦チームと対戦する。 ... » 詳しく

マイナンバーカードによる住所変更

田中元也さん

住所変更する場合もマイナンバーカードにより、いつでもどこでもできるようにしていただきたいです。 理由としては、小生の愚息が家を出て看護学校に行くため、寮生活をしているのですが、勤務と学校生活でなかなか平日に休めなく、役所に行くこともできない状況です。そのため、行政か... » 詳しく

GOTOのような使いやすい制度を企業のIT導入にも応用すればリモートワーク推進が進むと思います

藤井毅さん

世界トップの“FORTUNE 500”企業では既に全企業が社内ソーシャルで遠隔での社員管理も行っています。コロナを国内で広げないためにGOTOのようなものを仕事版のテレワークにも社内ソーシャルネットワーク等を導入する際、全額補助支援する制度を新設できると企業におけるIT環境が大幅に改善... » 詳しく

超実印の出現

UNZEN.JPさん

なぜか悪者扱いされた印鑑業界のために。 デジタルは必ずコピーされ、改変、偽造が可能です(と、私は思っています)。そして痕跡を残さず消失する危険性があります。 認印市場は諦めるとしても、実印文化は無くしてはならないという気がします。この際、実印の証明機能をとことん突... » 詳しく

速度規制標識のデジタル化

yamaさん

速度規制標識をデジタル化すべき。現在でも高速道路や国道の一部区間等では導入されているが、殆どの区間では従来の標識のままだ。天候や交通状況等によって遠隔操作で臨機応変に速度を変更できるようになれば、ドライバーの安全運転に資するのではないだろうか。逆に交通量が少ない時は... » 詳しく

デジタル役所の設置

直前さん

オンライン上のみにしかないすべてデジタルで処理を行う役所の設置をできないだろうかと考えました。 リアルな役所と役割が分けられるような気がしてよいのではないかと思いました。 » 詳しく

公務員の遠隔窓口

直前さん

姉妹都市同士などで公務員人材の融通を行うために、遠隔でZOOM,TEAMSなどをつかい、コミュニケーションをとるのはどうでしょうか。 » 詳しく

マイナンバーの券面の見直し

Nicknameさん

マイナンバーの券面に表記する情報の見直しをお願いしたい。 現在のマイナンバーカードは目視で個人番号を確認できてしまうため、 漏えいが非常に容易い。 配布されているスリーブケースも、QRコードが露出しているので、 写真などを撮られたらわかってしまう。 このため、所... » 詳しく

選挙投票を紙と電子の組み合わせでちょっと改善(受け入れやすい案)

m.hidehiroさん

投票機を完全デジタル化せず、投票数カウントと同時に投票用紙を印字する装置としてはどうでしょうか。 印字済み投票用紙を投票箱に入れることを正規の投票とします。 これだと既存の仕組みをあまり変えず、また全国一斉ではなく順次導入でも可能で、着実に改善ができる気がします。 ... » 詳しく

小中高の学校行事をライブ配信することで高齢者にとってデジタル技術を身近にする方法

雪見餅さん

高齢者にデジタル技術を身近なものにするためにどうしたらいいの考えましたが、例えば老人介護施設と子供たちとの学校行事と遠隔でつながりあうことを推進することで、今後子供たちが高齢者とはどういう存在なのかを知る機会になり、そして、高齢者の人たちは自分たちの考え方を気軽に伝... » 詳しく

利便性向上のためにマイナンバーカードと民間ID連携を

nanashiさん

「マイナンバーカードの機能のスマートフォン搭載等に関する検討会」第1回(Androidスマートフォンでの検討)の資料を見てまとめました。 iPhoneも同じにすると仮定した上で、案通りにスマホへの搭載は可能だと思います。しかし、機種変更が面倒になり、全国民に2台持ちを要請しない限... » 詳しく

医療用プローブの実現

Spockさん

遠隔医療においてネックとなるのが、問診以外の診察です。聴診、打診、視診。これらを遠隔で行うための専用プローブの開発を提案します。聴診はマイク、視診はカメラでできます。打診は困難なので、超音波エコーセンサ等で代用します。その他必要に応じて呼気ガスセンサや皮膚硬度計など... » 詳しく

地デジを使った授業映像の放送

koic116shibataさん

冬に向けて新型コロナウィルス感染症が拡大した場合、また学校の授業が行えないことが想定されます。 ネットを使った遠隔授業では、各家庭の機材の環境、通信ネットの環境に大きな差があり、学習効果に大きな格差が生じることが懸念されます。 そこで、テレビ電波を用いた「標準授業」... » 詳しく

デジタルで効率化したら、デジタルでない新しい仕事をたくさん作ろう!

石黒猛雄さん

デジタルで効率化したら、効率化した部署の人材は要らなくなってしまいます。 そういう人たちが良い職業に就けるように「デジタル庁」は、今から新しい職業や部署を考えておかなくては、人間中心のデジタル改革になりません。 例えば、ESG投資やサステナブル開発関連を推進して、新し... » 詳しく

BYOD を基本にして、貧困家庭の子供には、最高性能のPC,タブレットを供与

zanjibarさん

学校でパソコンを揃えるのはやめて、原則BYODにするのがいいでしょう。そして貧困家庭でPCやタブレットが用意できない家庭の子供には、最高性能のPCやタブレットを供与しましょう。貧困な家庭には、お情けでボロいPCやタブレットを供与するというのは、貧困の固定化を促進してもかまわな... » 詳しく

公的なお見合いのためのマイナンバーカードを活用した公的な性質を持つ日本版フェイスブックの開発

雪見餅さん

マイナンバーカードの情報を身元を保証するにより、法的な責任能力の発生するコミュニケーションサイトを開発してほしいです。 その活用方法は「お見合い」です。 最近は恋愛の駆け引きをしようとすると、道徳や倫理の価値観が厳しい人間によってネットでさらし者になったりする危... » 詳しく

テレビやラジオの生放送に「とりあえず」音声認識で字幕を!

青木秀仁さん

テレビ番組の字幕の付与率はかなり上がってきていますが、生放送に限りいまだに人手で打って要約(取りこぼしあり)のタイムラグがひどい状態でやっています。数十秒遅れた上にCMに入るとカットされるのです。一度テレビの字幕ボタンをONにしてみてください。生放送だと「ない」ものもあ... » 詳しく

5Gの整備

みれさん

自宅には光回線入ってますが、周囲に人家がそこそこあっても、 携帯電話の電波が入りません。 今後、自動運転や遠隔医療(救急への通報も含め)、停電の際に情報が入らない等、取り残される地方がたくさんあると思うので、5Gの整備を田舎にこそ進めて欲しいと思います。(まずは4Gから…) » 詳しく

選挙のネット投票に反対します

ちょこやまポン助さん

「ネットバンキング」などを引き合いに、選挙のネット投票の推進を訴える人が多数いるが、ネット投票には反対します。 ネット投票での課題はただ一つ「日本国憲法15条4項の投票の秘密」との折り合いをどう付けるかの問題。 ネットバンキングでは、仮に不正に入出金が行われた場... » 詳しく

過疎化対策

yuukaさん

5Gへの期待として過疎化対策は望めるのでしょうか。かつて、話題になった、もしも世界が100人の村だったらとか1000人の村だったら、 ゲームのシムシティなどのような町作りとして デジタル化で可能になるでしょうか。 » 詳しく

【ドローン物流】無人空輸網と管制システム整備の提案

TBさん

[概要] 公道・河川等の上空の空域30m~150mの間を複数階層に仮想的に分割し、 物流用ドローンによる無人空輸物流網として解放し公益組織にて管理する。 [組織と機能] 公益的な管理会社を設置し、国から許可された公道河川上の空域の運航を 民間物流会社等からの申請に基づきリアルタ... » 詳しく

誰でも使えるオンライン遠隔手話通訳の配備

青木秀仁さん

行政の窓口などにタブレットを配置して誰でもいつでも利用できる遠隔手話通訳システムの配備を提案します。 手話通訳は「聴こえない人のため」と勘違いされがちですが、「耳が聴こえない人=手話が出来る人」でもありません(もしこれを見てるあなたが明日耳が聞こえなくなっても突然... » 詳しく

ページの先頭へ